Team Liquidのs1mple選手が在留資格の関係で『DreamHack Austin』の出場を見合わせへ

s1mple

United States Team LiquidのCS:GO部門に所属する Ukraine Aleksandr “s1mple” Kostyliev選手がTwitterにて2~3週間ほどチーム活動を離れることを明らかにしました。

1mple選手が在留資格の関係で2~3週間の活動休止へ

s1mple選手は自身のTwitterにて、2016年5月6~8日にアメリカのオースティンで開催される 『DreamHack ZOWIE Open Austion 2016』、そして2016年5月14~15日にイギリスで開催される『ESL Pro League Season 3』ファイナルの出場を見合わせる事を発表しました((後者は出場権を得た場合)。

s1mple選手は2016年2月よりUnited States Team Liquidに加入しアメリカに滞在して活動を行なってきました。

今月で滞在期間が3ヶ月となるため、在留資格の関係で5月にアメリカおよびイギリスに入国することが難しいというのが出場を見合わせる理由となるようです。

Team LiquidはadreN選手に代りkoosta選手を起用する方針を明らかにしていますが、adreN選手はまだチームに在籍しているため、s1mple選手の代わりとして今後も出場となる可能性が高そうです。

情報元

ゲーム紹介