『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2016-04-21)、競技向けマッププールに「Nuke」追加、「Inferno」削除

Nuke is back!

Counter-Strike: Global Offensive

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2016-04-21)。

Counter-Strike: Global Offensive Update Released

Nuke in, Inferno out
CS:GOチームは、2015年2月に競技向けマッププールから「Nuke」を削除。
その後、マップのデザインや世界観を一新したリニューアル版を2016年2月に公開しました。

そして今回、再び「Nuke」が競技向けマッププールに復活。代わりに、Counter-Strikeシリーズの定番競技向けマップ「Inferno」が姿を消すことになりました。

7月に開催される時期メジャー大会『ESL One Cologne 2016』はNukeを含む最新マッププールで実施されるそうです。

de_mirageにColdzeraのAWP 4人抜きを記念したグラフィティが追加

MLG Columbus 2016セミファイナルのLuminosity Gaming vs Team Liquid戦(de_mirage)でColdzera選手が繰りだしたジャンプショットを含む驚異の4人抜きを記念し、マップに下記のようなグラフィティが描かれました。

coldzera amazing awp 4k

該当のプレーはこちら。

こちらは、2015年9月にFnaitcの4選手がde_dust2のテロリストスタート地点でAWPを持ちMid Killを成功させた際に描かれたグラフィティに続くものとなります。

Fnatic 4 AWP

Release Notes for 4/21/2016

UI

  • Spectator Graphsを調整した: HSPとエコノミーをEnemies Flashed、Utility Damageと入れ替えた
  • メインメニューのユーザーインターフェイスに新しいベータ用の登録項目を追加した

MAPS

  • Tulip
    • 多くのバグやexploitを私有制
  • Mirage
    • Vandalism
  • Active Duty マップグループに「Nuke」を追加した
  • Reservesマップグループに「Inferno」を移動させた

OPERATION WILDFIRE

  • Nukeの代わりにSantoriniを使用するボーナスコンディション向けにWildfireミッションをアップデートした

SDK

  • demoinfogo tool code がGitHub上で利用可能となった(パッチ歓迎します)
  • demoinfogoにはプレーヤーがデモ中に再接続した場合にPlayerInfoの誤ったエンティティを伴うのを修正するGitHub fixを含む

COMMUNITY SERVERS

  • Cvar「sv_quota_stringcmdspersecond=16」のデフォルト値を変更した(より保守的なrate制限をしているコミュニティサーバーがこのコマンドをアクティブに設定しないようにするため)

情報元

ゲーム紹介