eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

賞金総額100万ドル以上の『Intel Extreme Masters Season 11』が中国、アメリカ、韓国、ホーランドで開催決定

Intel Extreme Masters Season 11

『ESL』が11回目を迎えるeスポーツの世界大会『Intel Extreme Masters Season 11』の開催を発表しました。

Intel Extreme Masters Season 11

『Intel Extreme Masters』は世界各国で大会が開催され最終的に世界のトッププロがWorld Championshipにて世界一を競い合う大会です。

シーズン11の競技ゲームは「Counter-Strike Global Offensive」「League of Legends」「StarCraft® II」の3つで賞金総額は100万ドル以上。

今年は8年ぶりに、ホストシティに韓国が選ばれました。
こちらは2008年に韓国・ソウルで開催された『IEM III Asian Championship Finals』以来となります。

Michal Blicharz氏のコメント(ESL, VP Pro Gaming)

私たちにとって、3つのスタジアムでIEMシーズンを実施するのは一大事です。
韓国を開催地に追加したのは歴史的なことで、シーズン11をこれまでよりも特別なものとするでしょう

開催情報

  • 2016年7月28~31日 – IEM Shanghai (ChinaJoy、中国・上海)
  • 2016年11月19~20日 – IEM Oakland (アメリカ・オークランド)
  • 2016年12月17~18日 – IEM Goyang (韓国・高陽市)
  • 2017年3月 – IEM World Championship (ポーランド・カトヴィツェ)

より詳しい情報は今後あらためての発表となります。

『Intel Extreme Masters』については、以前紹介したドキュメンタリ番組が非常に面白い内容となっていますのでこの機会にぜひ視聴してみて下さい。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!