『日本eスポーツリーグ 2016 Winter』が格闘ゲーム部門に『BLAZBLUE CENTRALFICTION』を採用

日本eスポーツリーグ

2016年11月に開幕となる『日本eスポーツリーグ 2016 Winter』格闘ゲーム部門にPS4版『BLAZBLUE CENTRALFICTION』が採用されたとプレスリリースを通じて発表が行なわれました。

『日本eスポーツリーグ』格闘ゲーム部門に『BLAZBLUE CENTRALFICTION』採用

『日本eスポーツリーグ』はeスポーツコミュニケーションズ合同会社が主催し、一般社団法人 日本eスポーツ協会(JeSPA)による公認・共催という形式で2016年11月より実施されます。

大会には、日本の各地域を拠点とする6チームが出場し、3つのゲームを使ったチーム戦形式で競い合います。

これまでサッカーゲーム部門『FIFA 17』(PS4)、FPS部門『Overwatch』(PC)の採用が発表されていましたが、格闘ゲーム部門はアークシステムワークス社が2016年10月6日に発売した最新2D格闘ゲーム『BLAZBLUE CENTRALFICTION』(PS4)となりました。

開催日程

  • 開催期間: 2016年11月~2017年1月
  • 出場チーム数: 6
  • 競技ゲーム: FIFA17(PS4)、Overwatch(PC)、BLAZBLUE CENTRALFICTION(PS4)

出場チーム

  • Japan Naturals HOKKAIDO (北海道)
  • Japan 東京ヴェルディ (東京)
  • Japan 名古屋OJA (愛知)
  • Japan INFINITY OSAKA (大阪)
  • Japan CYCLOPS OSAKA athlete gaming (大阪)
  • Japan icafe Game School (拠点検討中)

大会は11月よりスタート予定で、6チームが毎週末に全国の各チーム拠点からオンラインで総当たりの対戦を実施。
優勝は、総当たり戦の上位2チームが出場する東京でのオフライン決勝戦で決定されます。

試合の模様は、『Twitch』における独占配信を通じて観戦可能となります。

情報元