世界大会『ESWC2016』FIFA17部門に日本からマイキー選手が出場、クラウドファンディングで参戦の支援を呼びかけ

FIFA

2016年10月27~31日にフランスのパリで開催される『Esports World Convention 2016(ESWC2016)』のFIFA17部門Japan 嵯峨野 “マイキー” 昴選手が出場します。

『ESWC2016』FIFA17部門に日本からマイキー選手が出場

『ESWC 2016』では、FPS『Counter-Strike: Global Offensive』、モバイルカードゲーム『Clash Royale』、ダンスゲーム『Just Dance 2017』、そしてサッカーゲーム『FIFA 17』を使用した国際トーナメントが実施されます。

このうち、マイキー選手が唯一の日本代表として『FIFA 17』部門に出場となります。

マイキー選手は同大会に過去2回出場しており、2014年は2勝2分3敗で予選グループC 5位、2015年は2勝3分2敗でグループA 5位という成績で決勝トーナメントには進むことが出来ませんでした。

今回はグループステージを突破して決勝トーナメントに進み好成績を残すことを目標に、通訳兼サポート、トレーニングパートナーを引きつれての3人体制で大会にチャレンジ。その費用をクラウドファンディングを通じて工面する計画です。

クラウドファンディングで世界大会チャレンジの支援を呼びかけ

現在、クラウドファンディングサイト『FAAVO東京23区』にて、目標金額を11万円に設定し支援を呼びかけ中。

サイトでは、「2,000円」「5,000円」「15,000円」「30,000円」の4コースに分けて支援を募っており、金額に応じて「マイキー選手からのお礼のメッセージ」「ESWC2016報告会ご招待」「ESWC2016報告会ご招待」「ESWC2016報告会ご招待」などの特典が用意されています。

集まった資金は、下記のような用途に使用されます。

用途

  • ブートキャンプ費
  • トレーニング費
  • チーム作成・強化費用
  • 参戦費用の一部

現在、世界では有名プロサッカーチームが次々に有名な『FIFA』プレーヤーと契約したり、eスポーツ部門を立ちあげており、ヨーロッパではこれらのスポーツチームが参戦する『FIFA』を使ったeスポーツリーグが実施されるとも言われています。

マイキー選手は今大会で好成績を残すことで、海外チームとの契約実現のチャンス獲得や、今後の日本人選手が活躍するための道を切り拓いていきたいとコメントしていました。

詳しくは、クラウドファンディング詳細ページをご覧ください。

2014年大会出場時の映像

FIFA ESWC INTER: Mykey (JP) vs Lukasinho (SE) 投稿者 ESWC

情報元