Maikelele、pitaが新たなCS:GOチーム「qwerty」を結成

Maikelele

Sweden Mikail “Maikelele” Bill選手、Bosnia And Herzegovina Faruk “pita” Pita選手が主体となったCS:GOチーム Sweden qwertyが結成されました。

Maikelele、pitaが新たなCS:GOチーム「qwerty」を結成

Sweden Maikelele選手は2016年4月より元FaZe Clanのスターティングメンバーから外れバックアップ選手となり、7月には将来的に自身のチームを設立することを発表。以降は Sweden Ninjas in Pyjamasのスタンドインとして大会に出場し『StarLadder i-League StarSeries Season 2』では優勝に貢献する活躍を見せてきました。

そして今回、United States Counter Logic Gamingでコーチを務めていた Bosnia And Herzegovina pita氏と共に Sweden qwertyを結成しました。

qwerty

  • Sweden Mikail “Maikelele” Bill (ex-FaZe Clan)
  • Bosnia And Herzegovina Faruk “pita” Pita (ex-Counter Logic Gaming[Coach])
  • Sweden John “wenton” Eriksson (ex-Fnatic)
  • Sweden Fredrik “slap” Junbrant (ex-Escape Gaming)
  • Sweden Simon “atter” Atterstam (exMetapods)

Bosnia And Herzegovina pita選手はは再び現役に復帰となります。

チームメンバーのSweden John “wenton” Eriksson選手はHLTV.orgの取材に対し下記のようにコメントしていました。

John “wenton” Eriksson選手のコメント

新たなラインナップをついに発表することをうれしく思います。
実は2016年7月からこのプロジェクトは始動していました。
しかし、MaikeleleがFnaticやNinjas in Pyjamasとの取り組みに加わることになったため、一時的に中断となっていたのです。

11月早々にプロジェクトは再始動しました。チーム内のフィーリングは以前よりも良くなっています。
私たちは異なるスキルセットと取り組みへの素晴らしい意志を持つ選手で構成されています。後者を持つ選手を探すのは非常に難しいと思っています。pitaがチームリーダーの役割を担うことで、新たな強いスウェーデンチームをシーンにもたらすことが出来ると確信しています。

情報元

ゲーム紹介