CS:GOの競技イベント『Intel Grand Slam』発表、グランドスラム(4大会制覇)達成で賞金100万ドル(1.1億円)

Intel Grand Slam

『Intel』と『ESL』が賞金100万ドルをかけたCS:GOイベント『Intel Grand Slam』の開催を発表しました。

※100万ドル=約1.1億円, $1=110.15円

The Intel Grand Slam

『Intel Grand Slam』は、CS:GOシーンにさらなる価値と興奮をもたらすための仕組みとして、『ESL』が展開する賞金総額$200,000以上のCS:GO大会と連動して実施されます。

2017年7月7日より開催される『ESL One Cologne 2017』を皮切りにスタートし、一番最初にグランドスラム(4大会制覇)を達成したチームには各大会の獲得賞金に加えて「$1,000,000」の追加賞金が贈られます。

現在明らかになっている『Intel Grand Slam』対象大会

  • 2017年07月07日~ ESL One: Cologne 2017
  • 2017年08月30日~ DreamHack Masters Malmö 2017
  • 2017年09月14日~ ESL One: New York 2017

「グランドスラム」達成チームが登場した場合は、全チームの獲得トロフィー数がリセットされ、再びグランドスラム達成を目指していくことになります。また、3大会を制しているチームとの決勝で勝利し「グランドスラム」達成を阻止したチームには「$100,000」のボーナス賞金が支払われます。

『Intel』と『ESL』がグローバルテクニカルパートナーシップ契約を締結

2002年から協力体制でeスポーツに取り組む『Intel』と『ESL』が、改めてグローバルテクニカルパートナーシップ契約を締結しました。

この契約により、インテルは『ESL』が開催する大会の全参加チーム・選手に高性能なインテル製プロセッサを搭載した最先端のPCを提供します。その対象となるのは、以下の大会となります。

対象大会

  • Intel Extreme Masters
  • ESL Pro League
  • ESL One events
  • ESL National Championships
  • 対戦プラットフォーム
    • ESEA
    • ESL Play
  • 「Intel eSports Arenas」
    • 旧「ESL studios EU」
    • 旧「ESL studios Burbank」

Gregory Bryant氏のコメント (Intel, vice president and general manager of the Client Computing Group)

Intelのesportsやゲームコミュニティへの関与は15年以上に渡り、プレーヤーやファンの体験を次のレベルに引き上げる方法を常に模索しています。

ESLとの長期パートナーシップによる次のフェーズでは、未来のeスポーツスターの発掘に投資する他、Intel Extreme Mastersサーキットを世界中に拡大し、本日発表したIntel Grand Slamのような新たなフォーマットを追求していきます。

情報元

ゲーム紹介