『IeSF 2017 World Championship』が2017年11月に韓国で開催、「CS:GO」「LoL」「鉄拳7」が競技ゲームに採用

iesf2017

『IeSF 2017 World Championship』が2017年11月9~12日に韓国・釜山で開催されることが発表されています

IeSF 2017 World Championship

『IeSF 2017 World Championship』は、『International e-Sports Federation』(IeSF, 国際eスポーツ連盟)が主催する9回目のeスポーツ世界大会です。

今大会は、『Counter-Strike: Global Offensive』『League of Legends』『Tekken 7』の3タイトルが競技ゲームとして採用されています。

大会の1次エントリーがすでに締め切られており、39ヶ国から455選手が出場。内訳はアジア14ヶ国171選手、ヨーロッパ16ヶ国199選手、アメリカ3ヶ国14選手、オセアニア2ヶ国31選手、アフリカ4ヶ国40選手とのこと。

現在は9月18日を締め切りとして2次エントリーが受け付け中となっており、各国の連盟が国内予選を行ない最終的な代表選手としてエントリーすると説明されていました。

『IeSF』には『日本eスポーツ連盟(JPeF)』が加盟しているため、日本で選考が行なわれる場合は同連盟が代表選考を実施することになります。

情報元