CS:GO『ESL Pro League Season6』より延長戦ゲームのポイント付与が変更

esl

2017年8月22日よりスタートするCS:GO『ESL Pro League Season 6』の、延長戦ゲームにおけるポイント付与ルールが変更されました。

ESL Pro League のポイント付与が変更に

これまでの『ESL Pro League』レギュラーシーズンは、勝てば3ポイント、負ければ0ポイントという仕組みのみで実施されてきましたが、シーズン6より延長戦の場合は勝つと2ポイント、負けると1ポイントというルールが追加されました。

レギュラーラウンド(30ラウンド)以内

  • 勝利 – 3ポイント
  • 敗北 – 0ポイント

レギュラーラウンド + オーバータイム(延長戦)

  • 勝利 – 2ポイント (これまで3ポイント)
  • 敗北 – 1ポイント (これまで0ポイント)

こちらは、6月のシーズン5ファイナルにて行なわれた運営とプロゲーマー達によるミーティングにおいて提案された案をフィードバックしたものとのこと。

この仕組みを導入することで各チームの獲得ポイントがバラつき同ポイントで順位が並ぶ事が減り、より熱狂する展開を期待出来るようになります。
情報元の記事には、シーズン4ヨーロッパ予選のポイントを新ルールで算出したデータが例として掲載されており、4つの同順位が1つのみに減ったことが紹介されていました。

情報元

ゲーム紹介