シリーズ定番マップ『Dust 2』のリワーク決定、次回のCS:GOベータアップデートでテスト導入開始

ValveがCSシリーズの定番マップ『Dust 2』(CS:GO版)のリワークを進行中であることを明らかにしました。

CS:GO版Dust2のリワークが進行中

この情報は、CS:GOの公式Twitterにて下記のように投稿され明らかとなりました。

ツイートには見ての通り、新たなDust2のヒントとなる画像が添付されています。
「Dust2」はCounter-Strikeシリーズはもちろん、他のFPSタイトルでもインスパイアマップが登場するほどの人気マップです。しかし、CS:GOにおいては2017年2月のアップデートにおいて、大会等で使用される「Active Duty」マップグループからはずされていました。

CS:GOは過去にも「Train」「Inferno」「Nuke」といった複数の定番マップをリワークし、競技マッププールを入れ替えています。今後のベータで登場する新たな「Dust2」も、調整が進められた後には再び競技シーンで目にすることが出来るのではないかと思います。

情報元

ゲーム紹介