LoL世界大会『2017 World Championship』決勝でSamsung Galaxyが王者SK telecom T1を3-0で下し優勝

finals

『League of Legends』公式世界大会『2017 World Championship』決勝戦が、11月4日(土)に中国で行なわれ、Korea Samsung Galaxyが優勝となりました。

2017 League of Legends World Championship

『2017 League of Legends World Championship』は2017年9月23日~11月4日にかけて中国で開催。武漢(プレイインステージ・グループステージ)、広州(準々決勝)、上海(準決勝)を経て、ついに北京(決勝)で2017年の最強チームが決定されます。

プロリーグが存在する全13地域から計24チームから、決勝に進出したのは、Korea SK telecom T1 (SKT) と Korea Samsung Galaxy (SSG)の2チームとなりました。

結果は、Korea Samsung Galaxyが3ゲーム連続勝利で優勝となっています。

順位

  • 1位: Samsung Galaxy
  • 2位: SK Telecom T1
  • 3-4位: Royal Never Give Up
  • 3-4位: Team WE
  • 5-8位: Longzhu Gaming
  • 5-8位: Misfits
  • 5-8位: Fnatic
  • 5-8位: Cloud9
  • 9-12位: EDward Gaming
  • 9-12位: Team SoloMid
  • 9-12位: G2 Esports
  • 9-12位: GIGABYTE Marines
  • 13-16位: ahq e-Sports Club
  • 13-16位: Flash Wolves
  • 13-16位: 1907 Fenerbahçe
  • 13-16位: Immortals
  • 17-20位: Lyon Gaming
  • 17-20位: HK Attitude
  • 17-20位: Team oNe eSports
  • 17-20位: Young Generation
  • 21-24位: Rampage
  • 21-24位: Kaos Latin Gamers
  • 21-24位: LG Dire Wolves
  • 21-24位: Gambit.CIS

賞金総額は「$2,250,000 + ゲーム内アイテムの売上配分」となっており、先日公式サイトで発表された時点で5億円を突破。最終的に11/6に総額が決定となります。
優勝チームは総額の37.5%を得るそうなので、現状だと約1.8億円以上を手にすることになりそうです。

Korea SSGが3ゲームとも圧倒的な支配力を見せて勝利

決勝戦は先に3ゲームを獲得したチームが勝利となるBest of 5形式で実施。
1試合目は Korea SSG が Korea SKTをほぼ完璧に封じ込める形で1キルも取られることなく敵陣を破壊して勝利。

2試合目、陣営選択権を持つKorea SKTは不利と言われるレッドサイドをチョイス。実況解説陣は、先のゲームで苦戦したTOPレーンに対してカウンターピックを行なうために、最後に選択権が回ってくるレッドサイドを選択したと分析。序盤はKorea SKTが有利にゲームを進めましたが、集団戦でKorea SKT全員を倒す事に成功したKorea SSG がゲームの主導権を握りそのまま手堅いプレーで勝利しました。

3試合目は負けられないKorea SKTが前半リードするも、Korea SSGがバロン獲得から Korea SKT 本陣をほぼ壊滅。Korea SKTはそこからまさかの巻き返しで逆に敵陣まで押し込む流れを作りましたが、マップ中央で発生した集団戦でKorea SSGに流れを奪われ、まさかの3連敗。Korea SSGが世界王者の座を獲得となりました。

試合結果

配信アーカイブ

出場チーム

  • Korea SK telecom T1 – Huni, Blank, Faker, Bang, Wolf
  • Korea Samsung Galaxy – CuVee, Ambition, Crown, Ruler, CoreJJ

情報元