プロゲーマーももち選手率いる株式会社忍ismが「ストリートファイター」のプロチームと「スプラトゥーン2」の女性チーム設立を発表

shinobi-ism

株式会社忍ismが、2018年3月よりストリートファイターのプロゲーミングチーム「Fudoh」と、スプラトゥーン2の女性ゲーミングチーム「Kacho-Fugetsu」を設立すると発表しました

株式会社忍ismがプロチーム・女性チームを設立

株式会社忍ismは、格闘ゲームのプロゲーマー Japan ももち選手と Japan チョコブランカ選手が代表を務める企業です。

配信・イベントスペースの「Studio SKY」(東京・大塚)やゲームイベントの企画・運営、プロゲーマーや実況者のマネジメント・キャスティング等の事業を手がけていますが、新たにゲーミングチームの運営をスタートします。

プロチーム「Fudoh(不動)」
「Fudoh」は、海外大会を主戦場としカプコンの格闘ゲーム「ストリートファイターV」の公式大会での活躍や、若手選手の育成やesports業界への貢献を目指して活動していきます。
所属メンバーはすでに決定しており、2018年3月に発表予定とのこと。

女性チーム「Kacho-Fugetsu」(花鳥風月)
「Kacho-Fugetsu」は任天堂のシューティングゲーム「スプラトゥーン2」の女性チームとなり、海外チームとの交流戦なども含めた国内外のコミュニティに開けたグローバルなチームを目指して行くそうです。メンバーの一部はすでに決定しており、今回の発表に合わせて公募もスタートしています。

現役プロゲーマーがプロチーム設立は珍しい事例

Japan ももち選手と Japan チョコブランカ選手は、2017年1月よりアメリカを拠点とするプロゲームチーム [アメリカ]Echo Fox に所属しています。

プロゲーマーが設立したゲーミングチームで世界的に有名なものには以下がありますが、引退してから設立というケースが多く現役プロが自らチーム組織を作り運営するというのはレアケースと言えます。

プロゲーマーが設立したプロチーム事例

  • G2 Esports – Spain Carlos “ocelote” Rodríguez Santiago (元League of Legendsプロ)
  • Origen – Spain Enrique “xPeke” Cedeño Martínez (元League of Legendsプロ)
  • 100 Thieves – Matthew “Nadeshot” Haag (元Call of Duty シリーズプロ)

今後、Japan ももち選手らが「Fudoh」に 所属して活動していくのかは気になるところです。

情報元