『CS:GO』アップデート(2018-03-29)、「Nuke」「Dust II」等のマップを修正、アイテムの再トレード可能までに7日間の期間制限を追加

CS:GO

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています。

アイテムの再トレード可能までに7日間の制限を追加

今回の仕様変更は、アイテムトレードに関連して発生する詐欺等を減らしながらユーザー間のトレードを引き続き簡易に利用出来るようにするために導入されました。

公式ブログによると、サードパーティが展開しているSteamアカウントを通じた自動アイテムトレードサービス(※アイテムをチップにしたギャンブルサイト、スキン購入代行サイト等を指していると思われます)が詐欺の発生を助長しており、これらのシステムは非常に頻繁にアイテムのトレードを自動で繰り返しているとのこと。一方、一般的なユーザーのトレード頻度は週に1度くらいのため、7日間の制限を設けることで自動化システムの対策をしながら、一般ユーザーの利便性を保持するというのが今回の仕様変更となっています。

しかしながら、この変更により一部のユーザーに対して混乱を招くことも懸念しており、不明点や意見がある場合は CSGOTeamFeedback [at] valvesoftware.com 宛てにメールで連絡して欲しいとのことでした。

これと関連して、アイテムトレードや購入等で被害を受けないためには、信頼出来るユーザー以外とは取引しない、規約に反する売買等(Steamコミュニティーマケット外の現金取引など)に参加しないことなどを心がけるべきです。Steamの規約は一度しっかりと読んでおきましょう。

ユーザーのアカウントは、関連するあらゆる情報(例えば連絡情報、請求先住所、アカウント履歴と利用権など)を含め、厳重に個人的なものです。すなわち、ユーザー以外の第三者に対してアカウントの利用権を売却したり、利用権を根拠に料金などを徴収したり、アカウントを譲渡したりすることはできません。また、本規約(利用権対象物に関する規定またはサービス利用規定を含みます)で明確に許可される場合または Valve が別途明確に許可している場合を除き、利用権対象物の利用権を第三者に売却したり、この利用権を根拠に料金などを徴収したり、利用権対象物を譲渡したりすることはできません。

Release Notes for 3/29/2018

MISC

  • クアッド サラウンドサウンドが正しく動作するよう修正した
  • 人質の呼吸音などが特定の状況でスタックすることでサウンドがループしてしまう原因となるバグを修正した
  • 乾いた地面なのに水の足跡がspectatorに聞こえてしまうレアなバグを修正した
  • トレードで受け取ったCS:GOのアイテムは、7日間経たないと再びトレード出来ないようになった

SDK

  • 静的propモデルの均等調整をサポートした
    • 静的propをリサイズするには「uniform scale overrid」prop_static Hammer propertyを調整するか、Hammer 3d viewportでシフトキー+マウスホイールを使用する

MAPS
Nuke:

  • hutに対する視界をクリアにするため、音が鳴るドアをわずかに後方へ移動させた
  • おかしな場所があるのを取り除くため、rafters上(ボムサイトA上あたり)・クレーン近くのジオメトリを修正した
  • T spawn近くの屋根上を移動しやすくした
  • ボムサイトB内の新しいボックスの色を変更した
  • yardのTサイド側にある小さな赤いボックスの色を変更した
  • 音が鳴るドアの後ろ側にカバーを追加した

Dust II:

  • CT spawnからキャットを一方的に壁抜きショット出来てしまうのを修正した
  • いくつかのマイナーなバグを修正した
  • mip bias exploitを修正した

Canals:

  • Bロビーを階段側に開いた
  • より良い移動を可能とするためBサイトまわりのジオメトリを簡素化した
  • Aの視認出来ないエリアをブロックした
  • さまざまな「pixelwalking」exploitを修正した
  • いくつかのマイナーなバグを修正した

情報元

ゲーム紹介