LoLの学生向けコミュニティ支援プログラム『LeagueU』が大学リーグ「JCL」と「WUL」を公式サポート

leagueu

ライアットゲームズが、『League of Legends』学生向けコミュニティ支援プログラム『LeagueU』の2018年度展開について発表を行ないました。

『LeagueU』が大学リーグ「JCL」と「WUL」を公式サポート

『LeagueU』は、LoLを基点に広がる学生コミュニティの活動をサポートするプログラムです。

主な支援内容

  • 公式大会の開催
  • コミュニティイベント実施のアドバイス
  • ゲーミングデバイスのレンタル
  • 大学間ネットワークの構築など

これらに加えて、2018年度は学生が運営する東西の大学リーグ「JCL(Japan Collegiate League)」と「WUL(Western University League)」の公式サポートが実施されます。

東西学生リーグ「JCL」と「WUL」を公式サポート

『LeagueU』は、東西の学生リーグに対して下記のサポートを行う事で、よりコミュニティを活性化させていく狙いです。

サポート内容

  • 各大会の企画
  • 運営のアドバイス
  • LIVE配信のノウハウや機材のレンタル
  • 実況、解説を行うキャスター、インゲームカメラマンの育成など

JCL(Japan Collegiate League)

WUL(Werstern University League)

先日、学生サークルによる『LJL』のパブリックビューイング・イベントを見てきましたが、「自分の学生時代にこういうものがあったら」とうらやましくなりました。LoLという共通キーワードがあることで、新たな仲間や友人を作る事が出来るのはとても素晴らしいことだと思います。学生でLoLをプレーしている人は、是非『LeagueU』公式サイトをチェックしてみてください。

情報元