『Overwatch World Cup 2018』に日本出場決定、グループステージで前年王者・韓国と同組に

ow-worldcup2018

PC版『Overwatch』の公式国別対抗戦『2018 Overwatch World Cup』に出場する24ヶ国が発表されました。

2018 Overwatch World Cup

『2018 Overwatch World Cup』は各国の代表24チームが出場し、グループステージを経て、2018年11月にアメリカ・カリフォルニアで決勝トーナメントが開催されます。

出場国選出

  • グループステージホスト国 ×4チーム
  • シーズン9 ライバル・プレイ上位×20チーム
    • シーズン9(4月28日まで)のライバル・プレイにて、各国のトップ150プレーヤーの平均スキルレートをトラッキング
    • シーズン終了時にトップ20に入っている国が招待出場権を獲得

出場する24ヶ国は下記のようになります。

出場チーム・グループ組み合わせ

韓国

  • Korea 韓国 (1位)[59人]
  • Japan 日本 (ベスト16)
  • Russia ロシア (ベスト16)[2人]
  • Taiwan 台湾 (ベスト16)
  • Finland フィンランド (ベスト24)[7人]
  • Hong Kong 香港 (ベスト24)

アメリカ

  • Canada カナダ (2位)[6人]
  • Austria オーストリア (ベスト8)
  • United States アメリカ (ベスト8)[18人]
  • Norway ノルウェー (ベスト16)
  • Brazil ブラジル (ベスト24)[1人]
  • Switzerland スイス

タイ

  • Sweden スウェーデン (3位)[10人]
  • China 中国 (ベスト8)[8人]
  • Australia オーストラリア (ベスト8)[1人]
  • Thailand タイ (ベスト16)[1人]
  • Spain スペイン (ベスト16)[3人]
  • Denmark デンマーク (ベスト24)[1人]

フランス

  • France フランス (4位)[4人]
  • United Kingdom イギリス (ベスト8)[2人]
  • Germany ドイツ (ベスト16)
  • Netherlands オランダ (ベスト16)
  • Poland ポーランド (ベスト24)
  • Italy イタリア

()内は2017年大会の順位となり、見ての通り昨年の上位4チームが各グループに振り分けられています。
2017年の本戦に出場していて、今回の参加が叶わなかったのはポルトガル、トルコ、イスラエルの3ヶ国でした。

[]内は、Overwatch最高峰のプロリーグ『Overwatch League』に出場登録されている選手の数です。

2年連続のワールドカップ王者で、プロリーグに59選手が登録されている韓国はダントツの優勝候補。フィンランドも7選手が出場登録されている強豪国です。

昨年同様のフォーマットであれば、各予選の上位2チームが本戦の出場権を得られることになりますが、これらのチームと同グループの日本にとって、グループステージ通過はかなり大変な戦いになるでしょう。

今後は、各国の代表選手を決める協議委員会メンバーが決定され、その後に代表選手選考が実施されます。下記公式サイトでは、協議委員会メンバーの自薦登録が受付けられています。

情報元