LoL日本プロリーグで4度の王者となった韓国・Dara選手が引退を発表、元所属チームの妨害行為による精神的苦痛でプレー継続が困難に

dara

League of Legends日本プロリーグで4回のタイトル獲得に貢献した Korea Jeon “Dara” Jeong-hoon 選手の引退が発表されました。

Dara選手が引退を発表「LJLに失望しました」

Dara選手の引退は、自身のSNSと最後の所属となった Japan SCARZ Burning Coreのチーム公式サイトで明らかにされました。

Dara選手による引退に関するツイート

Dara選手は引退について「LJLに失望しました」を含めていくつかの理由をTwitterに投稿しています。

2018年2月、Korea Dara選手は元所属チームである Japan PENTAGRAM (旧RAMPAGE) に在留カードの引き渡しを妨害され、PENTAGRAM関係者およびDara選手にペナルティが課されました(※本人の処分は形式的なものに近い)。

関連記事
プロチーム『PENTAGRAM』関係者が移籍した外国人選手の活動を妨害、『LJL 2018 Spring Split』で計5ゲーム没収を含むペナルティ処分に | Negitaku.org esports

Korea Dara選手は、Japan PENTAGRAM が後に公式発表した内容は事実と異なる・非を認めない、在留カードを巡る脅迫に等しい対応によりプレーがままならないほどの精神的苦痛を受け薬を服用している、入れ替え戦を勝ち抜き来季のLJL1部に昇格したがPENTAGRAMの関係者に今後会うことに恐怖を感じていることなどを含めてそのような状況となっている「LJLに失望しました」と説明しています。

Dara選手は2015年からLJLでプレーしており、下記のとおり4つの大会を制覇、LJLの発展に貢献しました。

Dara選手LJL優勝歴

  • 2015 Season 2 – Ozone Rampage (A M U S E 4, Doad, tei, Meron, Dara)
  • 2016 Summer – RAMPAGE (Paz, Tussle, Roki, Meron, Dara)
  • 2017 Spring – RAMPAGE (Evi, Tussle, Ramune, YutoriMoyasi, Dara)
  • 2017 Summer – RAMPAGE (Evi, Tussle, Ramune, YutoriMoyasi, Dara)
2016 Summer
LJL 2017 Spring Split Final
LJL 2017 Summer Split Final

そのDara選手が「LJLに失望しました」として引退するというのは、プロサッカーでいえばJリーグの発展に尽力したジーコ選手が「Jリーグ失望した」といって引退するようなもので、あまりにも悲しい事です。

関連
LJL最悪の日 Dara選手引退について|J1N1|note

個人的には、Dara選手のBraumを見てとても勉強になりました。おつかれさまでした。

PENTAGRAMは本日5月4日(金)21時より国際大会『2018 Mid-Season Invitational』に挑む

msi2018

Japan PENTAGRAM は2018年4月に開催された『LJL 2018 Spring Split Final』で優勝し、ヨーロッパで開催される国際大会『2018 Mid-Season Invitational』の出場権を獲得。

プレイインステージ1にてBrazil KaBum! e-Sports、Turkey BAUSuperMassive、Australia Dire Wolvesと対戦します。

関連
PENTAGRAMが『LJL 2018 Spring Split Final』で史上初の4連覇達成、LoLファンが見守った東京都内5ヶ所のパブリックビューイングをレポート | Negitaku.org esports
LoL国際大会『2018 Mid-Season Invitational』が5/3(木)より開幕、日本代表『PENTAGRAM』が出場 | Negitaku.org esports

今回のDara選手引退発表により、Japan PENTAGRAM が行なった行為や対応についての悪印象が再燃しています。本件に関わったJapan PENTAGRAM 関係者に非があるのは間違いないことですが、それは選手達が行なったことではありません。

直接関係の無い選手達は、チーム関係者の対応が原因でレギュラーシーズン計5ゲーム没収というペナルティを課され圧倒的不利な状況から優勝を達成しました。

現状で、Japan PENTAGRAM 自体を応援しにくい空気感になってしまいましたが、Gaeng、YutoriMoyasi、Ramune、Once、Pazといった選手、34氏、hAFu氏といったコーチ陣が挑む戦い自体については声援を送って欲しいと思います。

ストリーミング配信

配信は日本時間の5/4(金)20時開始、PENTAGRAM vs Brazil KaBum! e-Sports戦は21時スタート予定です。

情報元