Dota 2『OG』のFlyとs4が『Evil Geniuses』に移籍、Suma1Lが再び「Mid」を担当へ

プロゲームチーム『Evil Geniuses』のDota 2部門に、『OG』のIsrael Tal “Fly” Aizik 選手とSweden Gustav “s4” Magnusson選手が移籍加入すると発表されました。

『OG』のFlyとs4が『Evil Geniuses』に加入

『Evil Geniuses』は、先日 Denmark Rasmus “MISERY” Filipsen選手とUnited States Clinton “Fear” Loomis選手が脱退したことを発表

そして、『OG』より Israel Tal “Fly” Aizik 選手とSweden Gustav “s4” Magnusson選手を獲得したことを明らかにしました。

新たに加入した Sweden s4 選手が Pakistan Suma1L 選手に代わって「Offlane」を担当。今シーズン「Offlane」でプレーしていた Pakistan Suma1L 選手は、元の「Mid」にポジションが変更となります。そして、Israel Fly 選手は、Denmark MISERY選手が抜けた「Support」のポジションを担当します。

ちなみに、Denmark Cr1t-選手は、2015年に Europe OG で Israel Fly選手と共にプレーしていたことがあります。

つまり、Pakistan Suma1L 選手を本来の「Mid」に戻すことで Arteezy に加えてさらにオフェンス力を増し、安定した「Offlane」と「Support」で強化を図ったのが新たなEGということになります。

Evil Geniuses

  • Denmark Artour “Arteezy” Babaev (Carry)
  • Pakistan Sumail “Suma1L” Hassan (Mid→Offlane→Mid)
  • Sweden Gustav “s4” Magnusson (Offlane)
  • Denmark Andreas “Cr1t-” Nielsen (Support)
  • Israel Tal “Fly” Aizik (Support)

OG

  • Denmark Johan “N0tail” Sundstein (Carry)
  • Finland Jesse “JerAx” Vainikka (Support)

Europe OG は創設メンバー n0tail 選手と Fly 選手がついに袂を分かつことになりました。両者は、『Heroes of Newerth』時代からの長きに渡るチームメイトでもあります。

チーム公式発表によると、Europe OG は2018年6月2日より中国で開催される「Dota Pro Circuit」最終大会『China Dota2 Supermajor』の出場を見合わせ、新たなチームを構築し世界大会『The International 2018』のオープン予選に挑むそうです。

Sweden Gustav “s4” Magnusson 選手のコメント

自身がOGの一員であったことについてみなさんに感謝します。この2年間の取り組み・成功は非常に厳しいものでしたが、非常に大きなものを得ることができました。チームを去るのは残念ですが、新たな展開に興奮しています。今後のOGの成功を願っています。

Israel Tal “Fly” Aizik 選手のコメント

OG脱退を発表するのは非常に心苦しいものがあります。この数年は人生で最高の期間であり、素晴らしい人々と出会い、共に取り組んできました。

4つのメジャータイトルを獲得し、多くのトーナメントで競い合ったことは今後の人生においても大切な思い出となるでしょう。これまでのOGと私をサポートしてくれたみなさんには感謝しきれません。OGの成功を願っています。

Phillip Aram氏のコメント (Evil Geniuses, COO)

ここは目標を達成することが出来ていない全てのチームにとって、今シーズン最大の難所です。Evil Geniusesは、自らが期待するレベルで競い合えるようチームを立て直す方法を模索しなければなりませんでした。

Fear選手は何年間もEvil Geniusesの基盤となるプレーヤーで、選手としてのキャリアを終えた後もチームの一員として活動を継続していきます。MISERY選手は、そのリーダーシップによりチームを昇格させるポテンシャルを見せてくれました。

私たちはThe International 2018を見据えて、OGからFly選手とs4選手を獲得することに合意しました。新たなチームが秘める可能性について興奮せざるをえません。選手達が挑戦を軽視するようなことは決してないと信じています。

情報元

ゲーム紹介