CS:GO日本最強チーム『SCARZ Absolute』が活動をさらに本格化、ゲーミングハウスで共同生活、フルタイム活動でアジアNo.1を目指す

日本のプロCS:GOゲームチーム Japan SCARZ Absolute (SZ Absolute)が、2018年7月よりゲーミングハウスでの共同生活・フルタイム給与制で活動を開始することを発表しました。

『SCARZ Absolute』がゲーミングハウスで活動をさらに本格化

Japan SCARZ Absoluteは1年半以上に渡り日本国内の大会では無敗、近年では遠征でアジア大会・世界大会に挑む機会がどんどん増えています。

チームは世界に挑戦するため、選手が共同生活する宿舎「ゲーミングハウス」を2018年7月より設立。さらに選手の給与報酬を増やし、フルタイムでCS:GOの競技に取り組む体制を作り上げていくことを明らかにしました。


2018年5月にインタビューを行なった際、チームの練習時間は通常「18時から24時まで」となっており、大会直前は短期合宿を実施することで調整を行なっているというお話を聞かせてもらいました。今後はフルタイムでの活動となるため、より効率の良い時間の使い方が可能となります。

チームメンバーは仕事や学業があるとのことでしたが、poem選手は学校を休学することをツイートしていました

「目指すはアジアNo.1」CS:GO日本最強SCARZ AbsoluteとレジェンドNoppoインタビュー、6月・台湾『ZOTAC CUP MASTERS CS:GO 2018』アジア代表決定戦に挑む

SCARZ Absolute

情報元

ゲーム紹介