最新のeスポーツタイトル格付け『ESPORTS GAMES TIERS 2018』を「SmartCast」が公開、日本のプロライセンス認定タイトルのランクは?

eスポーツデータの分析情報を提供するサイト『SmartCast』が、最新のeスポーツタイトル格付け『ESPORTS GAMES TIERS 2018』を発表しました

ESPORTS GAMES TIERS 2018

『ESPORTS GAMES TIERS 2018』は、eスポーツ大会でプレーされるゲームタイトルを「賞金総額」「月間視聴時間」「ソーシャルファン数(Facebook、Twitter、YouTube)」の3要素を元に、「Tier 1~3」に分類したものです。つまり、「賞金が高く、人気があり、よく視聴されるタイトル」ということになるでしょう。

ちなみに、ソーシャルファン数には中国のSNSや動画サイトが含まれていないので、中国は対象外となった分類という見方になると思います。

Tier 1

指標

  • 賞金総額:500万ドル以上
  • 月間視聴時間:2,000万時間以上
  • ソーシャルファン数:900万登録以上

タイトル

  • Counter-Strike: Global Offensive
  • Dota 2
  • League of Legends
  • Fortnite Battle Royale
  • Overwatch
  • Hearthstone

Tier 2

指標

  • 賞金総額:150万ドル以上
  • 月間視聴時間:200万時間以上
  • ソーシャルファン数:300万登録以上

タイトル

  • PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS
  • Call of Duty: WWII
  • FIFA18
  • SMITE
  • StarCraft II: Legacy of the Void
  • Heroes of the Storm
  • Tom Clancy’s Rainbow Six Siege

Tier 3

指標

  • 賞金総額:50万ドル以上
  • 月間視聴時間:20万時間以上
  • ソーシャルファン数:100万登録以上

タイトル

  • Clash Royale
  • STREET FIGHTER V
  • Rocket League
  • TEKKEN 7
  • HALO5
  • World of Tanks
  • DRAGONBALL FighterZ
  • Gears of War ULTIMATE EDITION
  • Super Smash Bros. Melee
  • H1Z1
  • Quake Champions

これまでは『The Esports Observer』が作成した分類を引用する事例が多かったですが、こちらは「ソーシャルファン数」ではなく「月間アクティブユーザー」を指標にしたデータで、今回のものと単純比較することが出来ません。

日本eスポーツ連合ライセンス認定タイトル

ちなみに、『日本eスホーツ連合』がプロライセンスを発行対象としている認定タイトルは、いまのところ下記の8タイトル。

  • Tom Clancy’s Rainbow Six Siege (Tier 2)
  • Call of Duty: WWII (Tier 2)
  • STREET FIGHTER V (Tier 3)
  • TEKKEN 7 (Tier 3)
  • Winning Eleven 2018
  • パズドラ
  • ぷよぷよ
  • モンスターストライク

世界的に見ると「Tier 2」「Tier 3」タイトルとそれ以外に注力していることになります。「Tier 1」は全て海外メーカーが展開するゲームのため、日本で認定タイトルとさせてもらう交渉などが難しいことなどが、サポートされていない理由として考えられます。

情報元