日本野球機構が『NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2』を2019年春に開催、『スプラトゥーン甲子園』出場チームがプロ野球12球団対抗戦ヘ

日本プロ野球を統括する「一般社団法人 日本野球機構」(NPB)が、「任天堂」協力の下、『NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2』を2019年春に開催すると発表しました。

NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2

先日、NPBは株式会社コナミデジタルエンタテインメントと共に「実況パワフルプロ野球」シリーズのeスポーツプロリーグ「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」の開催を発表。

「NPB eスポーツシリーズ」はNPBによる野球以外のコンテンツを採用するeスポーツ大会で、「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」はその開催第1弾となります。

『NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2』開催情報

  • 開催予定時期:2019年春
  • 会場:東京都内予定
  • 出場チーム:プロ野球12球団
  • 賞金:なし
    • 大会及びプロモーション活動等への稼働に対する手当を参加者一律で支払い

出場チームは上記の通り、 2018年7月より株式会社ドワンゴが開催する「第4回 スプラトゥーン甲子園」の出場チームから決定され、NPBはこの大会を後援としてサポートしていきます。

『NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2』は、「甲子園」で活躍した選手がプロ野球チームに指名されて加入し競い合うという、まさに野球のようなストーリーで実施されることになります。

「任天堂」が自社タイトルと「eスポーツ」の併記を許可

個人的に興味深いのは、サードパーティが開催する大会とはいえ、任天堂が自社のゲームタイトルと「eスポーツ」というワードを並べて発表するのを許可したということです。

これまで任天堂は「E3」等でeスポーツ大会的な展開を行ないつつも、「eスポーツ」というキーワードを積極的に使うことはなく慎重に様子を伺っていました。今回の『NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2』は、プロ野球12球団が関わり任天堂も公認するという非常に重要な「eスポーツ大会」と言えるでしょう。

情報元