『GALLERIA GAMEMASTER CUP 2018』CS:GO部門のルール改定

『GALLERIA GAMEMASTER CUP 2018』CS:GO部門のルール改定が発表されています。

GALLERIA GAMEMASTER CUP 2018

『GALLERIA GAMEMASTER CUP 2018』は「Road to World!」をキーメッセージとし、日本のeスポーツプレイヤー人口拡大と、世界を目指すプレイヤーの育成支援を目的に開催されます。

今回、下記についてルールの改訂が行なわれました。

  • マップ選択の方式変更
  • 選手がサーバーから切断となった場合の対応について
  • 延長戦時のスタートマネー変更
  • タイムアウト関連の名称およびコマンド変更
  • 使用禁止武器の指定
  • POVデモの撮影・提出について

詳細は以下のようになっています。

マップ決定について

変更前

■マップ決定
トーナメント表の上側もしくは左側のチームを「TeamA」とする。
・Best of 1
 TeamA 1stBAN
 TeamB 1stBAN
 TeamA 2ndBAN
 TeamB 2ndBAN
 TeamA 3rdBAN
 TeamB 3rdBAN
 残った1MAPを選択
 ナイフラウンドにて陣営選択権を決める。

変更後

■マップ決定
トーナメント表の上側もしくは左側のチームを「TeamA」とする。
・Best of 1
 TeamA 2MAP BAN
 TeamB 3MAP BAN
 TeamA 1MAP Pick
 TeamB 陣営選択

注意事項について

変更前

■注意事項
▽プレイヤーがサーバーから切断された場合
 ・1ラウンド目の最初のキルが発生するよりも前に切断された場合は、再び全員がそろった状態で1ラウンド目からの再開とする。
 ・それ以外の場合に試合から切断された場合は、切断された次のラウンドの開始、または終了時に一時停止を行う。
  その後、10分以内にプレイヤーが復帰できない場合は、リザーブの選手と交代し試合を続行する。

▽試合の復帰について
 ・テクニカルポーズ、タクティカルポーズでのポーズ解除後はそのままのラウンド、所持金の状態で試合を再開する。
 ・予期せぬ理由でサーバーがダウンした場合は、再戦とする。

変更後

▽プレイヤーがサーバーから切断された場合
 ・1ラウンド目の最初のキルが発生するよりも前に切断された場合は、再び全員がそろった状態で1ラウンド目からの再開とする。
 ・それ以外の場合に試合から切断された場合は、切断された次のラウンドの開始、または終了時に一時停止を行う。
  10分以内にプレイヤーが復帰できない場合は、その後5分以内にリザーブの選手と交代し試合を続行する。

▽試合の復帰について
 ・タイムアウト、ポーズでの一時停止の解除後はそのままのラウンド、所持金の状態で試合を再開する。
 ・予期せぬ理由でサーバーがダウンした場合は、バックアップデータが存在する場合、途中再開し、データが存在しない場合再戦とする。

延長時のマネー設定

mp_startmoney 16000をmp_startmoney 10000に変更

タクティカル・ポーズとテクニカル・ポーズについて
・テクニカルポーズ、タクティカルポーズの名称を変更
 テクニカルポーズ → ポーズ
 タクティカルポーズ → タイムアウト
・タイムアウトのチャットコマンドを「!time」から「!timeout」に変更
・ポーズした場合、運営及び相手チームへ、ゲームチャットにて理由を報告すること。を追加

禁止行為について

Negevの使用禁止を追加

POVについて

変更前

参加する全プレイヤーは、試合開始から試合終了までのPOVを録画し、提出する。

変更後

運営からPOVを要求する場合があるので、POVを録画すること。
要求された際にPOVファイルを提出できない場合、失格になる場合がございます。

参加登録は8/19(日)まで、予選は8/25(土)より開催

『GALLERIA GAMEMASTER CUP 2018』はアジア大会『ZOWIE eXTREMESLAND CS:GO AISA 2018』と国際大会『IeSF Esports World Championship 2018』の出場権をかけて実施される、日本コミュニティにとって非常に重要な大会です。

予選はオンラインで4回実施され、各予選の優勝チーム(計4チーム)がプレーオフに進出。
LFS 池袋 esports Arenaで優勝した1チームが、日本代表となり上記の2大会に出場することが出来ます。

大会の詳細・応募については下記のページをご覧ください。

情報元

ゲーム紹介