『Overwatch League』が『Twitter』と配信パートナー契約を締結

『Overwatch』の公式プロリーグ『Overwatch League』が『Twitter』と配信パートナー契約を締結しました。

『Overwatch League』が『Twitter』と配信パートナー契約を締結

今回の契約により、Twitterプラットフォーム上にて『Overwatch League』のライブ放送、ハイライトクリップの配信が公式コンテンツとして提供されます。

これらは、2018年8月25日~26日にアメリカ・ロサンゼルスの「Blizzard Arena Los Angeles」で実施が予定されている「Overwatch League All-Star Weekend」からスタートとなります。

今回の発表では特に触れられていませんが、Twitterはプロゲームチームや特定ゲームタイトルの絵文字をハッシュタグと連動させて表示させるなどの取り組みをスタートしています。今後、『Overwatch League』に出場するチームなどの絵文字が登場する可能性もありそうです。

『Twitter』にプロゲームチームのロゴマーク絵文字が登場、ハッシュタグ入力で表示

Daniel Cherry 氏のコメント (Activision Blizzard Esports Leagues, vice president and chief marketing officer)

Twitter上のコミュニティはOverwatch Leagueの発足以来、常に最も情熱的で熱心なコミュニティの1つです。だからこそ、「Overwatch League All-Star Weekend」からスタートする今回のコラボレーションを発表することにとりわけ興奮しています。

Rishi Chadha 氏のコメント (Twitter, head of gaming partnerships)

TwitterはOverwatch Leagueに関する会話が行なわれる場所で、これまでよりも多くのコンテンツをプラットフォームにもたらすことに興奮しています。

Overwatch LeagueはTwitter上で最もツイートされたeスポーツリーグの1つであり、このパートナーシップがその会話をさらに促進させることになるでしょう。

情報元