『Fnatic』がCS:GO部門のメンバー変更、drakenに代えてtwistが加入

Sweden FnaticがCS:GO部門のメンバー変更を発表しました。

『Fnatic』がCS:GO部門のメンバー変更、drakenに代えてtwistが加入

Sweden Fnaticは、先月末に Sweden flusha 選手をスタメンから外し、Belgium ScreaMをスタンドインとして起用することを発表。そして今回、2019年2~3月に開催されるメジャー大会『IEM Katowice 2019』に目標を定め、さらなるメンバー変更が行なわれました。

変更の対象となったのは、AWP担当の Sweden draken選手で、代わりに2016年にFnaticで活動したこともある Sweden twist 選手が加入となりました。

HLTV.orgでdrakenのスタッツを見ると、変更の対象となってしまうような要因となりそうなデータが目に付きます

William “draken” Sundin 選手のコメント

短い期間でしたが、Fnaticでプレー出来た事に感謝すると共にチームメイト達の幸運を願っています。自分にとってはタイミング的に最適なことではありませんが、新たな挑戦や将来の展開を楽しみにしています。

Simon “twist” Eliasson 選手のコメント

Fnaticへ帰って着たことに興奮しています。Fnaticは自分がプロシーンに関わるようになってから常に注目しているチームです。

シーンにおける最高のスウェーデンプレーヤー達とプレー出来る事をうれしく思うと共に、素晴らしいことを成し遂げることが出来ると確信しています。このチャンスを逃すことは出来ません。いつも自分を信じてサポートしてくれているみなさんに感謝します。

Fnatic

  • Sweden Jesper “JW” Wecksell
  • Sweden Freddy “Krimz” Johansson
  • Sweden Richard “Xizt” Landström
  • Belgium Adil “ScreaM” Benrlitom
  • Sweden Simon “twist” Eliasson

Fnaticが新体制で最初に挑む大会は『ESL Pro League Season 8』となります。

情報元

ゲーム紹介