Dota 2ビギナー大会『Mara League』開催、上級者のコーチング期間を経て試合でその成果を試せる仕組みを採用

ENLIFE』がDota 2の初心者向け大会『Mara League』を開催すると発表しました。

Mara League

『Mara League』では、まず上級者によるコーチングを受けて練習を行ない、その後に大会で成果を発揮するというフォーマットで実施されます。

初心者の条件を満たし出場が認められた参加者全員には、主催メンバーの1人である牡蠣漁師のマラさんが獲った牡蠣が参加賞として贈られます。また、精肉やゲーミングデバイスなどの入賞賞品も提供される予定です。

開催情報

  • 参加登録期間:2018年10月21日(日)まで
  • 募集人数:50名 (条件あり)
  • チーム振り分け発表:2018年10月28日(日)まで
  • 練習・交流期間:2018年10月29日(月)~11月9日(金)
  • リーグ期間:2018年11月10日(土)~12月2日(日)
  • 対戦形式:5vs5、All Pick、参加全チームとの総当り戦

コーチ

  • 代表:野球犬
  • 代表:Konbu
  • 代表:Riding
  • 代表:Arab
  • 代表:hamon
  • 代表:desho / Dota2道場
  • コミュニティ:アリエスとゆかいな仲間たち (Aries、toyomaru、MarusuMan、megumi-pchan、Reisen)
  • 代表:むじお/dotakiti.com
  • 代表:OBAMAWIN、お手伝い:じゅりあ
  • 代表:NIL

元プロゲーマー、上級者、大会主催者、配信者など、Dota 2が上手くて大好きな方々に学ぶことが出来ます。
「初心者という制限がなかったら自分も習いたい」という人もたくさんいるのではないかという豪華なメンバーです。

『Dota 2』は登場ヒーロー、スキル、アイテムなどが複雑で敷居が高いという印象があるかと思いますが、ある程度慣れればその魅力から逃れられなくなるというゲームです。

一番良いのは上手い人に習うことで、今大会ではその成果を大会に出場し実戦形式で試すことが出来る他、チームを組むことになるためメンバーやコーチなどのDota 2仲間も出来るという、初心者にとってこれ以上ない環境で取り組むことが可能です。

Dota 2をやってみたい、上手くなりたいという初心者の方はこの機会をお見逃し無く。
参加条件やエントリー方法は、情報元の大会公式サイトをご覧ください。

関連

Dota 2公式世界大会『The International 2018』で日本大会『Mara Cup』のドキュメンタリームービー上映、海外ゲーマー喝采

情報元

ゲーム紹介