『CS:GO』アップデート、1ラウンド目の敗北マネー収入が$1400から$1900に増加、CZ弱体化、Tec9強化、SG553とAUGが値下げ

『Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています。

マネーシステム変更、武器調整、新マップ追加

今回のアップデートでは、主に以下のような追加・変更が行なわれました。

主な変更点

  • ピストルラウンドに関連するマネー収入変更
  • CZ、Tec9の調整
  • SG553、AUGの値下げ
  • コミュニティマップ「Biome」「Subzero」の追加

特にゲームに大きな影響を与えるのが、マネーシステムの変更です。

ピストルラウンド敗北時のマネー収入変更

今回のアップデートでは、ピストルラウンドの勝敗がその後の試合展開に与える影響を軽減させることを目的として、以下のように変更されました。

敗北数 旧システム 新システム
1敗 $1400 $1900
2連敗 $1900 $2400
3連敗 $2400 $2900
4連敗 $2900 $3400
5連敗 $3400 $3400

※連敗時の救済ボーナスが最大$3,400を上限とするのは変わらず

アップデート後からは、1敗した時点で、旧システムの2連敗目と同等のマネー収入を得られるようになりました。

1敗

2連敗

3連敗

4連敗以降

1勝以上して連敗救済ボーナスがリセットされた後の敗北時

ピストルラウンド以降の初回敗北時のマネーは$1,400となります。

この変更により、1ラウンド目に何も買い物をしないことで2ラウンド目にある程度の装備を持って挑むことが可能になるなど、序盤の戦略に大きな変化が生まれることになりそうです。

Release Notes for 10/9/2018

GAMEPLAY

  • ストルラウンドの勝敗が与えるインパクトを減らすためにマネーシステムの調整を開始した
    • Competitive Matchmakingにおいて、両チームは1ラウンド目で負けた場合に連敗したのと同様の状態でスタートするという考え方にした。 1ラウンド目で負けたチームの収入を$1,400→$1,900とし、次に負けた場合は$2,400に変更した。
    • この設定は「mp_starting_losses」で調整可能
  • CZ75a: 中・長距離におけるCZ75aのセミオート射撃を調整した
    • 射撃のリコイル(反動)を強くし、合わせて命中しにくくした
    • 命中率が戻るまでのレートをわずかに向上させた
  • Tec9:中距離における射撃のレートを調整した
    • 射撃を命中しやすくした
    • 命中率が戻るまでのレートをわずかに向上させた
  • SG553を$2750に値下げした
  • AUGを$3150に値下げした

MAPS

  • 「Competitive Matchmaking」で「Austria」をプレー可能になった
  • 「Austria」は公式「Casual」マッチメイキングの「Group Delta」に移動となった
  • 新たなコミュニティマップ「Biome」「Subzero」が「Group Sigma」として「Casual」マッチメイキングでプレー可能になった
  • 「Canals」を「Competitive Matchmaking」から除外した
  • 「Shipped」「Insertion」を公式マッチメイキングから除外した

AUDIO

  • “VOIP Positional” オーディオ設定を追加した。この設定をオンにしている時は、プレーヤーが立っている位置に基づいてゲーム内のボイスオーディオが再生される。

MISC

  • 試合終了後のスコアボードにおいてボイスチャット用のマウスバインドが利用可能になった
  • ゲーム中にパフォーマンス問題を引き起こす原因となるスコアボードにおける非同期イベントのバックログを修正した

情報元

ゲーム紹介