Acer主催のeスポーツアジア大会『Predator League 2019』が賞金総額40万ドルで開催、『PUBG』部門日本予選の実施が決定

Acer主催のeスポーツアジア大会『Predator League 2019』の『PUBG』部門日本予選が、2018年11~12月に開催されます。

Predator League 2019

『Predator League 2019』は14の国と地域が出場するesports大会で、『PUBG』と『Dota 2』が競技ゲームとして採用されています。

日本では、『PUBG』部門の予選が実施され優勝したチームが日本代表としてタイ・バンコクで開催される本戦に出場することが可能となります。

スケジュール

  • 予選ラウンド week1:2018年11月24日(土)
  • 予選ラウンド week2:2018年12月1日(土)
  • Japan Round Final:2018年12月8日(土)

**Japan Round優勝賞品

  • チームメンバー全員にゲーミングモニター、ゲーミングバックパック、Predator League日本代表ユニフォームを贈呈
  • Predator League 2019決勝の地「タイ・バンコク」へ招待

エントリー

  • エントリー方法:受付期間内に公式サイトより必要情報を登録
  • 受付時期:2018年11月5日(月)20:00 ~11月9日(金)17:00
  • チーム数:32チーム
  • 選考方法:先着順
  • 当選発表:2018年11月12日(月) から事務局よりチーム代表者へ連絡
  • エントリー費:無料

大会フォーマット

  • 予選ラウンドは、全32チームを「week1」「week2」の2グループに分けて実施
  • 各予選ラウンドでポイント上位4チームずつ、計8チームがJapan Round Finalに進出
  • Japan Round Finalは、予選ラウンドを勝ち抜いた8 チームに加えてPUBG JAPAN SERIES Season1 Phase2 Grade1の上位8チームを招待し、計16チームで実施

ストリーミング配信

https://www.twitch.tv/pubg_japan_official/
https://www.youtube.com/user/AcerJapanChannel
https://mcas.jp/

本戦には、マレーシア、シンガポール、フィリピン、タイ、ベトナム、オセアニア、インド、日本、韓国、中国、台湾、香港、ミャンマー、インドネシアのチームが出場予定です。

情報元

ゲーム紹介