観戦ツール『Overwatch World Cup ビューア』登場、プロのオブサーバー向け機能を一般ユーザーが利用可能に

2018年11月3日(土)~4日(日)に開催される『Overwatch World Cup 2018』の観戦ツール『Overwatch World Cup ビューア』が登場しました。

Overwatch World Cup ビューア

『Overwatch World Cup ビューア』は、『Overwatch』のライセンスを保有するユーザーが利用出来る観戦ツールです。

このツールでは、『Overwatch』の大会中継においてプロのオブザーバーがカメラを切り替えるために仕様していた機能が一般向けに開放されます。

選手の視点、1人称・3人称表示切り替え、オーバーレイのオンオフなどをショートカット経由で変更しながら自分の好みに合わせて試合を観戦可能となります。また、マップの好きな場所に視点をブックマークし、ショートカットでカメラを切り替えるといったことも可能となります。

これらの機能をうまく使う方法や導入方法については、下記のページで紹介されています。

ダウンロード・導入方法

『CS:GO』でも多彩な観戦方法が提供されており、これらの機能を駆使することで多彩な演出を可能にしています。『Overwatch』でも『Overwatch World Cup ビューア』を使うことで、独自なカメラ演出のを行なうことが出来ます。

大会終了後は、『Overwatch World Cup』以外の試合でも利用可能になっていくのではないでしょうか。

また、『Blizzard eスポーツ』というiOSデバイス、Android向けのアプリも登場していますので、こちらも合わせてチェックしてみて下さい。

『Overwatch World Cup 2018』は日本時間の11月3日(土)4:15頃から試合がスタート予定です。
スケジュールや見どころについては下記の記事をご覧ください。

また、「イオンシネマ港北ニュータウン」にて11月3日(土)24時より有料のパブリックビューシングが実施されます。

情報元