CS:GO『IEM Katowice 2019』のオープン予選がスタート、日本SZ Absoluteは東アジア部門のクローズド予選に招待枠から出場、Ignisがオープン予選通過

CS:GOメジャー大会『IEM Katowice Major 2019』につながるオープン予選が、2018年11月1日よりスタートしました。

CS:GO『IEM Katowice Major 2019』

CS:GO『IEM Katowice Major 2019』は、2019年1月にポーランドで開催されるメジャー大会です。こちらには、前回のメジャー大会に出場した14チームと、「Minor」予選を勝ち抜いた10チームが出場して実施されます。

11月1日からは、アメリカ・ヨーロッパ・CIS・アジアの4エリアを対象行なわれる「Minor」の出場チームを決定する最初のフローとしてオープン予選がスタートしました。

Asian Minor

『Asian Minor』には、アジア各エリアで行なわれる予選を勝ち抜いたオセアニア2チーム、中国2チーム、東アジア2チーム、東南アジア1チーム、中東1チームの計8チームが出場します。

日本が参加エリアとなっている「東アジア」予選には、招待4チーム、オープン予選通過4チームが出場し、11月15~16日に代表2チームを決定する戦いが行なわれます。

東アジアクローズド予選出場チーム

招待

  • Korea GOSU – Jinx, stax, Lakia, SeokE, HSK
  • Korea MVP PK – solo, glow, zeff, XigN, minixeta
  • Japan SZ Absolute – Laz, crow, barce, takej, Reita
  • Mongolia Storm Rider – Tsogoo, ncl, maaRaa, nin9, neuz

予選通過

  • Japan Ignis – oitaN, Norisen, RIPabloEscobar, hornet, neth
  • Mongolia 2990 eSports – H4wK, Shooter, PRISM, xetN, kazen
  • オープン予選2 通過チーム
  • オープン予選2 通過チーム

『Asia Minor Championship London 2018』でベスト4となった Japan SZ Absoluteは招待出場。

Japan Ignisはオープン予選1で Japan Team DWFNに2-0で勝利し、クローズド予選の出場権を獲得しました。

オープン予選2は11月6日(火)に行なわれる予定です。

情報元

ゲーム紹介