『Dota 2』2018年世界大会王者『OG』のana選手が本人の意志によりスタメンから外れベンチへ

2018年8月に開催された『Dota 2』公式世界大会『The International 2018』を制した Europe OG が、立役者の1人である Australia Anathan “ana” Pham 選手の活動休止を発表しました。

『OG』のana選手がスタメンから外れベンチへ

Australia ana 選手はMid/Carryを担当するプレーヤーでメジャー大会優勝などの活躍した後に2017年8月にチームを脱退。その後、不調が続く Europe OG を救うべく2018年6月に再加入し、オープン予選から『The International 2018』の出場権獲得、そして優勝という奇跡を実現させる立役者の1人となりました。

そして今回、再び戦線を離脱することを決定。
チームには正式なサブメンバーとして残ることになります。

Anathan “ana” Pham 選手のコメント

チームのみなさん、ありがとうございました。新たなメンバーも加えたみなさんと再びプレーしたり取り組むことは非常に面白いものでした。自分也チームのために多大な支援をしてくれたppasarel、Charlieの2人にも感謝しています。現在、自分のための時間をより必要としているほか、モチベーションは他のことへと向いています。このすばらしいみんなの成功を願っています。OGは常に幸せな場所となっていくでしょう!

OG

  • Finland Topias “Topson” Taavitsainen
  • France Sébastien “7ckngMad” Debs
  • Finland Jesse “JerAx” Vainikka
  • Denmark Johan “N0tail” Sundstein
  • Australia Anathan “ana” Pham (Sub)

チームはスタンドイン選手を起用して『The Chongqing Major』ヨーロッパ予選に出場予定です。

情報元

ゲーム紹介