スポーツアパレルブランド『チャンピオン』がeスポーツ用ウェア提供でeスポーツに参入

アメリカのスポーツアパレルブランド『Champion(チャンピオン)』が、 Japan Team GRAPHTを運営するMSY株式会社とオフィシャルチームウェアパートナー契約を締結したと発表しました。

『チャンピオン』がeスポーツ用ウェアを提供、2019年に一般向け製品も含め販売開始

スポーツブランドとして世界的に高い知名度を誇る『チャンピオン』は、2019年に100周年を迎えます。これまでスポーツブランドとして培ってきてノウハウを活かし、日本独自の企画としてeスポーツ用ウェアを開発。

今回契約した Japan Team GRAPHT モデルのみならず、一般のeスポーツプレーヤーも着用出来る「ゲームウェア」「移動着」「アクセサリー」といった製品を2019年1月に発表、2019年2月より発売開始予定とのことです。

Japan Team GRAPHTのメンバーは、2019年2月15日(金)~17日(日)に福岡国際センターで行なわれる格闘ゲームイベント『EVO Japan 2019』に『チャンピオン』製のチームウェアを着用して出場予定です。おそらく、一般向けの製品はこのイベントに合わせて販売が開始されるのではないでしょうか。

海外のChampionは、2018年9月にNBA「Philadelphia 76ers」傘下のプロeスポーツチーム『Team Dignitas』と公式ユニフォームサプライヤーとして契約締結するなどの展開も行なっています。

プロゲームチーム『Team Dignitas』がスポーツウェアブランド「Champion」と複数年のパートナーシップ契約を締結


Team Dignitasのユニフォーム

また、eスポーツにおけるアパレル展開の事例を紹介すると、MONIKER INC社の『H4X』というeスポーツ専門のアパレルブランドがあり、世界最大のeスポーツカンパニー『ESL』やギネス記録を持つLANゲームパーティ『DramHack』、プロゲームチームなどと提携した展開を行なっています。

eスポーツアパレル『H4X』がプロゲームチーム『complexity Gaming』と提携

情報元