『日本eスポーツ連合』eスポーツライセンス 認定タイトルに格闘ゲーム「BLAZBLUE」「GUILTY GEAR」シリーズ3つが追加、認定ゲームは計11タイトルに

一般社団法人日本 eスポーツ連合(JeSU)』が、公認プロライセンス発行対象となる新たなゲーム3タイトルを発表しました。

『日本eスポーツ連合』eスポーツライセンス 認定タイトルが追加

今回追加されたのは、アークシステムワークス株式会社が展開する格闘ゲーム3タイトルとなります。

追加タイトル

  • BLAZBLUE CENTRALFICTION (PlayStation®4 / PlayStation®3)
  • GUILTY GEAR Xrd REV 2 (PlayStation®4 / PlayStation®3 / PC)
  • BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE (PlayStation®4 / Nintendo Switch / PC)

これらが認定タイトルに選ばれた理由については、発表内に記載がありませんでした。

上記3タイトルを採用する『ARCREVO Japan 2018』が2018年11月23日(金・祝)、24日(土)に実施され、成績に応じてプロライセンスが発行される予定とのこと。

また、2019年2月に福岡で開催される『Evo Japan 2019』でも「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」が競技ゲームに採用されています。

JeSU 認定タイトル (11ゲーム)

  • ウイニングイレブン 2018
  • コール オブ デューティ ワールドウォーⅡ
  • ストリートファイターV アーケードエディション
  • パズル&ドラゴンズ
  • モンスターストライク
  • レインボーシックス シージ
  • ぷよぷよシリーズ
  • 鉄拳7
  • BLAZBLUE CENTRALFICTION
  • BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE
  • GUILTY GEAR Xrd REV 2

情報元