PUBG公式大会『PJS Winter Invitational 2018』でSunSisterが2回のドン勝を獲得し優勝、世界共通ルール採用でアグレッシブになったゲームに観客が大歓声

DSC_5440

PUBG公式オフライン大会『PJS Winter Invitational 2018』が、2018年12月16日(日)に東京・日本橋のベルサール東京日本橋にて開催されました。

多数のファンが集結したオフライン大会『PJS Winter Invitational 2018』

『PJS Winter Invitational 2018』には、招待された全16チームが出場し日本のPUBG esports史上初となる総額1,000万円の賞金付き大会として実施されました。

出場チーム内訳

  • 『PJS season1 Phase2 Grade1』のランキング上位9チーム
  • 『PJS season1 Phase2』出場24チームを対象にしたファン投票の人気投票上位5チーム
  • 韓国プロリーグ『PUBG Korea League』からの招待2チーム

DSC_5996

世界共通「PKL」ルール採用、ゲーム展開が大きく変化

今大会は、2019年シーズンから世界共通で採用される通称「PKL(PUBG Korea League)」ルールを採用して実施されました(大会ルール)。

主な変更点

  • ポイント付与が上位入賞4チームのみ
  • 1キルが1ポイント
  • 競技チーム数が20から16に変更、
  • モードが「FPP」(1人称視点)のみに

DSC_5676

これまではどの順位でも順位ポイントを得られていましたが、最新ルールでは4位以上に入らないとポイントが入りません。また、3・4位になってもわずか2ポイントの付与、2位でも4ポイントと敵を倒した方が効率良くポイントを稼げる仕組みとなりました。

これまでのルールだと、スタート直後はよほど例外的な鉢合わせが無い限りは交戦をほとんどせず物資調達ばかりで、中盤頃まで大きなゲーム動きがなく観戦していても退屈とも思える展開でした。

しかし、「PKL」ルールではキルが非常に重要なポイント獲得要素となったため、序盤から「もう倒されたの?」「ここで建物に攻め込むの?」と思わされるアグレッシブな動きがが増加。個人的には、ゲーム全般を通して生き残りをかけた緊張感漂うバトルロワイヤルゲームの観戦をより味わえるルール変更になったと感じました。

DSC_5737

DSC_5746

実況OooDaさん、解説SHAKAさんが思わず身を乗り出す展開も続出

観客の歓声も下記の映像通りすさまじく、今後のPUBG esportsは迫力のゲーム展開でファンを魅了していくこと間違いなしだと思います。

ファン投票の繰り上げで出場が確定した Japan Rascal Jesterが1ゲーム目からドン勝獲得でファンに恩返し。選手達がインタビューでファンのみなさんに感謝のコメントを述べていたのが印象的でした。

Round 4では息をのむ1vs1展開から Japan Sabrac選手が見事なグレネードを投げ込みドン勝。会場は以下の動画以上大観戦に包まれました。

最終結果

優勝:Japan SunSister Suicider’s – 3,500,000円

DSC_6128

準優勝:Korea OP GAMING Hunters – 2,000,000円

DSC_6098

3位:Japan Crest Gaming Xanadu – 1,000,000円

DSC_6077

MVP Japan Japan SSS_Sabrac (SunSister Suicider’s) – 500,000 Webmoney

DSC_6058

DSC_6062

MOST KILL:Japan DGB_ssee (DetonatioN Gaming Black) – 500,000 Webmoney

DSC_6037

DSC_6056

※4位70万円、5-16位10万円

Round1 ドン勝 – Japan Rascal Jester – 15万円

DSC_5804

Round2 ドン勝 – Japan SunSister Suicider’s – 15万円

DSC_6019

Round3 ドン勝 – Japan Zoo Gaming / Penguin – 15万円

DSC_5923

Round4 ドン勝 – Japan SunSister Suicider’s – 15万円

DSC_6034

DSC_5433
優勝チーム予想企画。SunSister Suicider’sを予想した人の中から抽選でプレゼント贈呈。

出場チーム

今回は一部チームが、大会協賛企業の名前付きで登場。このような取り組みについて、企業や個人でもOKなのでぜひお問い合わせ下さい、というMCが行なわれていました

Japan V3 FOX

DSC_5533

Japan DetonatioN Gaming Black

DSC_5549

Japan OracleNox

DSC_5554

Japan 野良連合Grim Reaper

DSC_5559

Japan DetonatioN Gaming White

DSC_5564

Japan SengokuGaming Survive

DSC_5569

Japan Zoo Gaming / Penguin

DSC_5575

Japan ROX Orcas Blue

DSC_5581

Japan BLUE BEES cresc.

DSC_5588

Japan Rascal Jester

DSC_5593

Japan ISG Albatross Bloom

DSC_5601

Japan AEGIS-HESTIA

DSC_5606

Japan Crest Gaming Xanadu

DSC_5616

Japan SunSister Suicider’s

DSC_5620

Korea OP GAMING Hunters

DSC_5630

Korea Gen.G

DSC_5637

会場の様子

PUBGは「マップ配信」が観戦要素を高める魅力の一つ。こちらで戦況を追いながら見ると楽しさ倍増です。以下はスマートフォンでマップ配信を見ながら観戦していた通な方。

DSC_6006

インタビュアーの橘亜李彩さんは試合中に熱心にメモを取りながら観戦。ご自身のTwitterにメモの一部がアップされていました。

DSC_5942

普段からPUBGシーンをすごく追っているようで、インタビュー時の質問もゲームをわかっている人だからこそ出来る内容となっていました。また、SunSister Suicider’sの CiNVe選手への質問時には、CiNVe選手配信のローカルネタ「バリロー学園」や「学園長」といったワードが飛び出すマニアックな内容も。

DSC_5868

試合の合間には、abara氏による振り返り分析コーナーを実施。Round 4後は時間の関係か実施されなかったのですが、馴染みの記者さんからは「abaraさんの解説コーナーありませんでしたよね!?」と質問があったほど楽しみにされている方もいるコーナーです。

DSC_5811
分析に定評のあるabara氏
DSC_5514
すしざんまいのポーズを披露するabara氏
DSC_5715
選手が使用する競技ゲーミングPCは「LEVEL∞」×「AMD」
DSC_5456
PUBGグッズが続々と登場
DSC_5452
PUBGが「ねんどろいど」に
DSC_6198
ファンミーティングも実施され大盛況

大会の公式配信アーカイブは以下から見ることが出来ます。

ストリーミング配信アーカイブ

本大会の関連記事や、撮影したイベントも是非ご覧ください。

関連記事

大盛況esports大会『PJS Winter Invitational 2018』配信の裏側、試合を魅力的に届けるオブザーバーチームの仕事を紹介

チケット1分で完売の『PJS Winter Invitational 2018』に多数のPUBGファン来場、個人的に驚いた女性ファンの増加率

写真:PJS Winter Invitational 2018 | Flickr

参考

ゲーム紹介