2018年のDota 2世界一『OG』からPajkattが脱退、メンバー間のケミストリーに関する問題に直面

2018年のDota 2世界大会『The International 2018』で優勝した Europe OGが、新年早々メンバー変更の発表を行ないました。

2018年のDota 2世界一『OG』からPajkattが脱退

Europe OGは世界大会優勝後、2018年11月19日に Australia Anathan “ana” Pham 選手が活動休止となることを発表

11月30日には、代わりに Sweden Per Anders Olsson “Pajkatt” Lille 選手が加入となり、『The Bucharest Minor Europe』ヨーロッパ予選優勝、『AMD Dota 2 Pro Series 2018』3位という結果を残しました。

しかし、Europe OGは公式Facebookにて Pajkatt 選手を加えた5人におけるケミストリー(相性的な意味合い)の問題に直面したとして、メンバーを変更することを決めたと説明しています。

OGのコメント

Pajkatt選手は才能溢れる非常にメカニカルなプレーヤーでDota 2の素晴らしいマインドを兼ね備えており、真のプロフェッショナルなチームメンバーです。しかし、彼を加えたこの数週間において、OGはケミストリーの問題に直面することになりました。

OGにはPajkatt選手がそのポテンシャルを最大限に発揮する十分なスペースがないことに気付きました。彼がどれほど優れていたとしても、最終的にそれが一致することはありませんでした。

チームケミストリーは非常に複雑な問題で、個人の能力にかかわらずパズルがまとまらないことがあります。

とは言うものの、Pajkatt選手がチームに加わっていたことはお互いに非常に有益でした。感謝する共に今後の成功を願っています。

Johan “N0tail” Sundstein選手のコメント

Pajkattは素晴らしいプレーヤーで、彼から学ぶ機会を得たことをうれしく思います。しかし、成功したチームに新たな選手を迎えるのは誰にとっても難しいものです。

Pajkattと共にパリで過ごした時間に多大な感謝を述べると共に、OGを支援し続けてくれているファンのみなさんにもお礼を申し上げます。

Pajkattの全ての成功を願っています。
みなさんにとっても2019年が最高のものになりますように!

Per Anders “Pajkatt” Olsson Lille選手のコメント

プレーする機会を与えて貰ったことに感謝しています。上手くいかなかったのは残念ですが、OGのさらなる成功を願っています。

OG

  • Finland Topias “Topson” Taavitsainen
  • France Sébastien “7ckngMad” Debs
  • Finland Jesse “JerAx” Vainikka
  • Denmark Johan “N0tail” Sundstein
  • Australia Anathan “ana” Pham (Sub)

情報元

ゲーム紹介