StarCraftシリーズのレジェンド「BoxeR」がeスポーツの殿堂入り

StarCraftシリーズのレジェンド Korea Lim “BoxeR” Yo Hwan氏、「Esports Hall of Fame by paysafecard」(eスポーツの殿堂入り)に選出されたことが発表されています。

StarCraftシリーズのレジェンド「BoxeR」がeスポーツの殿堂入り

Korea BoxeR選手は、韓国eスポーツ発展の礎となったタイトル「StarCraft」にて2000年からプロゲーマーとしてのキャリアをスタート。

2001年と2002年の『World Cyber Games』を連覇した他、名門「SK Telecom T1」、兵役中は韓国の軍隊が発足したプロチーム「Air Force ACE」に所属した他、自身のチーム「SlayerS」を設立するなどして活躍。その強さとカリスマにより「テランの皇帝」や「God of StarCraft」(スタークラフトの神)との異名で呼ばれていました。

続編となる『StarCraft II』でもプロとして活躍した後、2013年に引退。現在はプロのポーカープレーヤーとして活動しています。

Korea BoxeR氏はesportsにおける活躍や貢献が評価され、今回『StarCraft』シリーズで初となる殿堂入り選手となります。

関連情報

StarCraftシリーズのレジェンドプレーヤーBoxeRがプロのポーカープレーヤーに転向

プロのポーカープレーヤーに転向したStarCraftシリーズのレジェンドプレーヤーBoxeRのインタビュ

情報元