『PJSseason2 Grade1』で「BLUE BEES」が総合優勝、世界大会出場権を獲得、観戦者数は歴代最高を記録

DSC_1496

『PUBG』日本公式リーグ『PJSseason2 Grade1 Phase2』の最終戦が2019年4月6日に実施され、Japan BLUE BEES が総合優勝となり世界大会の出場権を獲得しました。

写真:BLUE BEES 左より Liavely, kr10, ssat0, Brazilian

PJSseason2 Grade1 Phase2

DSC_1273

『PJSseason2 Grade1』は「Phase1」と「Phase2」に別れて実施され、それぞれ各12ラウンドずつを実施。合計で最多ポイントを獲得した1チームが、世界大会『FACEIT Global Summit: PUBG Classic』に日本代表として出場として出場する権利を得ることが出来ます。

Day5終了時点での1位は Japan Team RAYZE。総合成績の方でも2位の Japan BLUE BEESに11ポイント差をつけての1位で、世界大会出場に最も近いチームという状況でした。

Day5時点の総合ポイント状況

注目の1戦目は、不調が続いていた Japan Crest Gaming Xanaduがドン勝を獲得。Japan BLUE BEESは2位と好発進です。

2試合目はここぞという時に強さを発揮する古豪 Japan Rascal Jesterが、流石の存在感をみせドン勝。Japan Team RAYZE、Japan BLUE BEESは序盤で沈み、共に1ポイント獲得でした。

DSC_1338

3試合目はJapan Crest Gaming Xanaduが本日2回目のドン勝。キルでも11ポイント獲得と大きくスコアを伸ばしました。

DSC_1426
本日2回目のドン勝つということで「2」のポーズをお願いしてみました

日本代表が決定する最終4試合目、ラストは本日絶好調のJapan Crest Gaming XanaduとJapan BLUE BEESの対決。4人vs2人のアドバンテージを得ていたJapan BLUE BEESが見事にドン勝を獲得。

公開収録でスタジオに訪れていたファンからも歓声があがる中、Japan BLUE BEESのメンバーは世界大会出場を確信し抱き合いながら勝利の雄叫びを上げました。

DSC_1457

「Phase2」最終結果

「Phase2」は最終日に圧倒的な強さを見せた Japan Crest Gaming Xanaduが優勝。

ラウンド8時点では10位に付けていましたが、最後まで何が起きるかわからないバトルロイヤルゲームを象徴するかのような大逆転劇となりました。

「Phase1」&「Phase2」総合 最終結果

総合優勝は、Japan BLUE BEES。ラストのドン勝が世界大会への切符につながる結果となりました。

最終日ののストリーミング配信は、日本代表を決定する試合を見ようと注目が集まり、シリーズ最多視聴数を記録したとのことです。

Japan BLUE BEES は、2019年4月16~21日に開催される賞金総額40万ドルの公式世界大会『FACEIT Global Summit: PUBG Classic』に日本代表として出場します。

DSC_1507

PJS初の公開収録実施、競技スタジオにファンが集結

DSC_1201

今回の最終戦では、大会初の試みとして競技スタジオに抽選で選ばれた60名のファンを招待しての公開収録が実施されました。

今回は「公開収録」ということで選手の妨げにならないよう試合進行が行なわれる事が優先されていたため、選手とファンが直接的に接触できたり、ファンミーティングのようなサービスはありませんでした。

しかし来場者をないがしろにしていたわけではなく、配信がスタートする前に特別なサービスを実施。観客席の前に選手が入場してきたり、選手が質問に答えてくれたりする機会が設けられました。

試合中、来場者は競技エリアの目の前に作られた観客席で巨大モニタを見ながら見守っていましたが、選手達が大声で指示や報告を出しながら真剣に目の前で行なわれていたり、試合の合間には敵同士である選手達が楽しく交流している様子を見たり、総合優勝の表彰式にも参加出来たりと訪れたファン的には非常にうれしい体験となっていたようです。

V3 FOXのプレーシーン。大声で報告をしながらのプレーはかなりの迫力。

Japan BLUE BEES の Japan kr10選手は、先に説明したようなレギュレーションとなっていたにも関わらず、最終試合が終了した後に自然な形でファンに向けてサービスをしつつ表彰式に向かうという気づかいをしていたのが格好良く印象的でした。

DSC_1449

関係者の方に話を聞いてみたところ、『PJS Winter Invitational 2018』で実施したような選手とファンが交流出来る機会を作ることを考えているとのことでした。

『PUBG JAPAN SERIES』は、5月中旬から「Season3」に向けた入れ替え戦がスタートします。興味を少しでも持って頂いた方は、ぜひとも今後の展開をチェックしてみてください。

大会・動画

関連記事

『PJSseason2 Phase2 Grade2』終了、「DetonatioN Gaming Black」「Galactic」「All Rejection Gaming」「Lag HighVoltage」が昇格決定

公式サイト

ゲーム紹介