『11th Esports World Championship(IeSF)』Dota 2部門 日本代表決定戦の出場4チーム発表、9/14(土)に「東京ゲームショウ2019」で開催

11th Esports World Championship(IeSF)』Dota 2部門の日本代表を決定戦する大会が、9/14(土)に「東京ゲームショウ2019」JeSU(日本eスポーツ連合)ブースで開催されます。

「第11回 eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」DOTA2 日本代表決定戦

日本代表決定戦は、東京ゲームショウ2019にてオフラインで開催。
優勝チームが、2019年12月韓国・高雄市で開催予定の本戦に日本代表として出場となります。

出場チーム

  • Japan Chaos – 0Maru, fuu, heromu, SuiMinD, holt
  • Japan TeamMay – Suan, 野球犬, うたたねかえる, Arab, toyomaru
  • Japan emahome – ema, yoshiman, Yusagi3c, asama, yugu
  • Japan TKGaming – ほそかも, ohagi, Pain, Mr.hanage, SaKuRa

JeSU公式サイトでは、「国内のDOTA2有力選手より4チームを招待」とされており、発表されたのは上記4チームでした。

その選考理由については明らかにされていませんが、Japan TeamMay は『瀬戸内LAN Vol.0』で行なわれたMara Cup 2019」の優勝チーム、他の3チームは『Japan Dota League Season 2』で実績を持つチームとなります。

今回の代表選考会の実施は8月13日に告知され、招待方式となると発表されたのは8月26日になってから。SNS上では、公平な予選が無かったことや、招待チームがなぜこの4チームなのかといったことに関する疑問の声が一部で散見されています。

9/14(土)スケジュール

  • 10:00~13:00 ベスト4戦
  • 13:30~16:30 日本代表決定戦

大会は一般日にJeSUブースでの実施となるため、現地で観戦可能となるでしょう。
ストリーミング配信が行なわれるかどうかは、いまのところ発表されていません。

情報元

ゲーム紹介