『Virtus.pro』Dota 2部門に「Resolut1on」が加入、若手の有望株「epileptick1d」をトライアル起用

『Virtus.pro』が、2019-2020シーズンのDota 2部門メンバーに関する発表を行ないました。

『Virtus.pro』Dota 2部門の新体制発表

今回加入となったのは、United States J.Storm に所属しアメリカシーンでプレーしていた Ukraine Roman “Resolut1on” Fominok 選手と、若手の有望株と目される Russia Egor “epileptick1d” Grigorenko 選手の2名となります。

Russia epileptick1d 選手はヨーロッパのリーダーボードでNo.1の座に位置するCarryプレーヤーで、『Virtus.pro』でもCarryを担当していくことになります。

一方、Supportの Russia Vladimir “RodjER” Nikogosyan 選手は今後移籍となる予定で、スターティングラインナップからは外れることになります。

5人目のメンバーは、近日中に改めて発表予定とのことでした。

Roman Dvoryankin 氏のコメント (Virtus.pro General Manager)

大変な月となりましたが、新シーズンへの参加を遅らせることを決めました。
Resolut1on選手をチームに迎えることをうれしく思います。素晴らしいプレーヤーであり、力を合わせてCISシーンへの復帰を成功させます。

epileptick1d選手は、CISで最も有望な若手で、その力を証明する機会を与えることになりました。
予選の結果を元に、epileptick1d選手との契約を決定したいと思います。1年半を共に過ごした偉大なるRodjER選手に感謝していますが、お互いに別れることになります。

Virtus.pro Dota 2

  • Russia Egor “epileptick1d” Grigorenko (Carry, Trial)
  • Ukraine Vladimir “No[o]ne” Minenko (Mid)
  • Ukraine Roman “Resolut1on” Fominok (Offlane)
  • Russia Alexei “Solo” Berezin (Support)

情報元

ゲーム紹介