『CS:GO』アップデート(2019-10-28)、詐欺対策のため新規購入したコンテナキーの販売・トレードが出来ないよう仕様変更

Valveが、『CS:GO』において新規購入したコンテナキーの販売・トレードが出来ないよう仕様変更を行なったと発表しました。

新規購入したコンテナキーの販売・トレードが出来ないよう仕様変更

コンテナキーは、武器スキンが入ったコンテナを開けるために使用されるゲーム内アイテムです。

このアイテムに関して、下記のように変更が行なわれました。

変更点

  • 新規購入したコンテナキーを自分のアカウントから移動出来ないようにした(Steam Community Marketでの販売、トレードが不可能に)
  • 既存のコンテナキーはいままでどおり販売、トレード共に可能

仕様変更の理由

  • 詐欺ネットワークによるCS:GOキーを使った収益化行為が目に付くようになってきた
  • 新規購入したキーがトレード・販売を通じて詐欺につながる可能性があるため、トレード・販売共に不可能とすることにした

正しい使い方をしているゲーマーには不利益な結果となってしまう措置ですが、ValveとしてはSteamプラットフォームにおける詐欺行為の撲滅を最優先とし、今回の決定を下したとのこと。

具体的にどのような手口で詐欺が行なわれているかについては、模倣犯の誕生を防ぐためか記載されていませんでした。

本件に関する意見や懸念点がある場合は、メールの件名を「Key Restriction」とし、「CSGOTeamFeedback [at] valvesoftware.com」宛に連絡して欲しいと記載されていました。

Release Notes for 10/28/2019

MISC

  • 新規購入したケースキーに対し、トレード・マーケット利用の制限を追加。
  • CS:GO Weapon Case」がクライアントユーザーインターフェースにおいて「genuine」クオリティとして表示されてしまう場合があるのを修正した

DANGER ZONE

  • 無効なプレーヤー名を使っている場合にDanger Zoneダメージを受けないようにできるexploitを修正した
  • ドローンが自己破壊を開始するとアイテムを積むことが出来ないようにした

情報元

ゲーム紹介