2019年Dota 2世界大会 準優勝 元Team Liquidのメンバーが独立、新チーム『Nigma』の結成を発表

Dota 2世界大会2017年優勝、2019年準優勝の実績を持つメンバー達が、自ら運営する新チーム『Nigma』の結成を発表しました。

元Team Liquidのメンバーが独立、新チーム『Nigma』の結成を発表

メンバー達は、2019年世界大会終了後の9月に、独立するため Team Liquidを脱退すると発表。

Team Liquid Dota 2部門メンバーたちが独立のため脱退、新チームを立ちあげ予定

その後、2019-2020年シーズン最初のメジャー大会には出場していませんでしたが、その間にアラビア語で「星」の意味を持つ『Nigma』結成の準備を進め、今回の正式アナウンスとなりました。メンバーの変更は行なわれていません。

Nigma

  • Romania Aliwi “w33” Omar
  • Jordan Amer “Miracle-” Al-Barkawi
  • Bulgaria Ivan “MindControl” Ivanov
  • Lebanon Maroun “GH” Merhej
  • Germany Kuro Salhi “Kuroky-” Takhasomi

今後は、メジャー大会につながるマイナー大会のオープン予選に出場していくのではないかと思われます。

関連記事

Team Liquid Dota 2部門メンバーたちが独立のため脱退、新チームを立ちあげ予定

賞金総額27億円、Dota 2公式世界大会『The International 2017』でTeam Liquidが優勝、優勝賞金12億円を獲得

「OG」が大会史上初の2連覇達成、賞金総額約36億円のDota 2世界大会『The International 2019』で優勝

情報元

ゲーム紹介