『Dota 2』2年連続世界王者『OG』が期間限定の育成チーム『OG Seed』を結成、『OG』は次期メジャー関連大会出場を見合わせへ

『Dota 2』で2年連続世界王者となった Europe OGが、期間限定の育成チーム『OG Seed』を結成したと発表しました。

期間限定の育成チーム『OG Seed』

『OG Seed』は、実力はあるものの到達すべき成果を得られていないDota 2プレーヤーのためのチームをコンセプトに結成されました。OGが種をまき花を咲かせるチーム、それが『OG Seed』です。

OG Seed

  • Sweden Rasmus Johan “Chessie” Blomdin (Mid, ex-GODSENT)
  • United Kingdom Omar Mohammad “Madara” Dabachach (Carry, ex-Ad Finem)
  • Finland Peetu-Elmeri “Peksu” Väätäinen (Offlane, ex-Team Singularity)
  • Sweden Andreas Per “Xibbe” Ragnemalm (Support, ex-GODSENT)
  • United States Zakari William Lee “Zfreek” Freedman (Support, ex-Complexity Gaming)
  • コーチ:2018~2019年世界王者 OG メンバー

選手に求めること

  • 卓越した努力
  • OG、自分自身、チーム名に自信を持ち信頼すること
  • Dota 2を楽しむこと (可能であればOGのメンバー達にとってもそうなるとうれしい)

Europe OGは、この『OG Seed』に対して2020年1月に開催されるメジャー大会までの期間限定で育成を実施。2年連続世界王者となったチームのノウハウを惜しみなく注ぎ込み、『OG Seed』メンバー達の夢を実現することを手助けしていくとしています。

Dota 2の公式大会では同一オーナーの複数チームが同じ大会に出場出来ないというルールがあります。Europe OG は、Dota Pro Circuitの公式ルールを完全に理解した上で今回のプロジェクトについて検討し実施を決定したとのこと。

ルール対策として、Europe OGは2020年1月に開催される2019-2020年シーズン2回目のメジャー大会『The Leipzig Major』終了までは『OG Seed』の育成に集中し出場を見合わせ、2020年3月に開催される3回目のメジャー大会『ESL One Los Angeles 2020』から今シーズンの本格的な活動を開始する計画です。

『OG Seed』は、本日よりスタートする『DreamLeague Season 13』ヨーロッパ オープン予選に出場予定です。

Ceb 選手のコメント (OGメンバー)

OG Seedの取り組みは、OGへの大きな期待と共に展開されるものとなるでしょう。
時をさかのぼり、これからのプレーヤー達と共に歩むことができるのは単純にすばらしいことです。
今回の取り組みは、関係者にとってWin-Winなものです。

OGが経験、成長方法、知識を共有する一方、OG Seedの選手達からは計り知れないモチベーション、やる気、情熱を与えてもらう事になります。

OG Seedには可能な限り最高の支援を行ない、OGが実現したように彼らが夢を叶える手伝いをしていきます。
みなさんがOGのように彼らの活動を楽しんでもらえたらと思います。
OG Seedのみんな、愛してるよ。

Ceb

情報元

ゲーム紹介