「福岡ソフトバンクホークス ゲーミング」が『LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE』に新規参入

『League of Legends』の日本プロリーグ『LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE』に、Japan 福岡ソフトバンクホークス ゲーミングが参入することが発表されました。

「福岡ソフトバンクホークス ゲーミング」LJLに新規参入

合同会社ライアットゲームズは、2019年11月20日に新チームの一般公募を開始。

LoL国内プロリーグ『LJL 2020』参加チームの一般公募開始、「Unsold Stuff Gaming」が出場基準を満たせず参加権を喪失

そして今回、プロ野球チーム Japan ソフトバンクホークスのeスポーツチーム Japan 福岡ソフトバンクホークス ゲーミングが新規参入チームとして認定されました。

Japan 福岡ソフトバンクホークス ゲーミングは、『RAGE Shadowverse Pro League』にも参戦しており、『League of Legends』は2部門目となります。

また、「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」「eBASEBALL プロリーグ」には Japan 福岡ソフトバンクホークスが出場しています。こちらは Japan 福岡ソフトバンクホークス ゲーミングではなく、野球チーム本体としての参戦となっているようです。

情報元