eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

レジェンドNEO選手が語る、20年に渡る『Counter-Stirke』とゲーミングモニターの歴史

Counter-Strikeシリーズのレジェンド Poland Filip “NEO” Kubski 選手が、CSシリーズとゲーミングモニターの歴史について語る動画が公開されました。

NEO選手が語る、20年に渡る『Counter-Stirke』とゲーミングモニターの歴史

NEO選手は、1999年に1人のゲーマーとしてCounter-Strikeを楽しむためにプレー開始。
2002年にはトーナメントに出場し、当時使用していたのはCRTモニター。

CRTはレスポンスが早く、発色も良いですが非常に大きく重いのが欠点。
当時、NEO選手は20キロもあるモニタをポーランドからスペインに運んでプレーしていたとのこと。

続いて主流となった液晶モニタは、CRTより軽くて薄いですが発色は青く、レスポンスは遅いものでした。

そして、現在のeスポーツモニターのスタンダードとなっているZOWIEモニターは、Counter-Strike専用として開発され、CTRと液晶モニターのメリットを組み合わせて選手に最高の環境を提供しています。

動画は「センターステージに立つのは常に選手です。私たちは、選手が最善を尽くすのをサポート出来ることを誇りに思っています」というような形のコメントで締めくくられていました。

Counter-Strikeシリーズのeスポーツシーンが20年近くに渡って継続し、さらにプレー環境も非常に良くなっているのは素晴らしい事だと思います。それを実現しているのはシーンをより良くしようと支える、ありとあらゆる人のサポートが相互作用しているからではないでしょうか。

関連記事

eSports Xanver:ZOWIEゲーミングモニター誕生秘話、なぜトッププロたちはZOWIEモニターを使用するのか?

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/