日本発のゲーミングスペース『Red Bull Gaming Sphere』が東京、イギリスに続きスウェーデンにオープン、世界最大のゲーミングセンター『Inferno Online』と連携

2018年2月に誕生したエナジードリンク『Red Bull』運営のゲーミングスペース『Red Bull Gaming Sphere』が、2020年2月5日にスウェーデン・ストックホルムにオープンしました。

Red Bull Gaming Sphere Stockholm

『Red Bull Gaming Sphere Stockholm』は、世界最大のゲーミングセンター『Inferno Online』に併設する280平米の施設です。

eスポーツ対応スペックのPC、モニター、ゲーム機に加えて、325インチのプロジクションウォール、配信向けのプロ仕様設備、世界トップクラスの照明および音響システムなどが用意されています。

eスポーツ大会、ワークショップ、企業イベントなど様々な用途での使用が可能となっている他、ブートキャンプの実施を希望するeスポーツチームのためのスペースも用意されているとのこと。

『Red Bull Gaming Sphere Stockholm』は、『Inferno Online』の隣に位置していることから、両施設をまたがっての展開も可能と説明されていました。

ちなみに、『Inferno Online』は「世界最大のゲーミングセンター」と称する施設で、2000年代にCounter-Strikeの世界王者となった Sweden Ninjas in Pyjamasの専用練習ルームが設けられていた場所として知られています(PoNz氏のレポート参照)。

日本から始まり、イギリス、スウェーデンにも登場した『Red Bull Gaming Sphere』、次はどの国に誕生するでしょうか。

関連記事

レッドブルがゲーミングスペース『Red Bull Gaming Sphere Tokyo』を東京・中野に2017年12月オープン、ゲーマー向けフリーペーパーも創刊

ゲーミングスペース『Red Bull Gaming Sphere Tokyo』が2/2(金)オープン、様々なゲームイベントが開催決定

ゲーミングスペース『Red Bull Gaming Sphere』が東京に続きイギリス・ロンドンにも登場

情報元