デンマークの老舗ゲーミングチーム『Spirit of Amiga(SoA)』がCS:GO部門を設立、レジェンド「minet」がメンバー入り

デンマークを代表するゲーミングチーム『Spirit of Amiga(SoA)』が、CS:GO部門の設立を発表しました。

デンマーク『Spirit of Amiga(SoA)』がCS:GO部門を設立

『SoA』は1999年に設立されたゲーミングチームで、Counter-Strike1.6にて『2001 CPL Europe Holland』優勝、『ClanBase EuroCup XII』準優勝などの実績を持つチームで、下記の有名選手を輩出しています。

元SoA所属選手

  • Denmark Christoffer “Sunde” Sunde
  • Denmark Alexander “ave” Holdt
  • Denmark Timm “ArcadioN” Henriksen
  • Denmark Michael “Friis” Jørgensen
  • Denmark Finn “karrigan” Andersen

『SoA』がCS:GOに参戦するのは今回が初で、「JoyBuggy.dk 1. Division X」で1位の Nova Learningのメンバーと契約。こちらには、CS1.6時代にmTwの一員として活躍した Denmark Oliver “minet” Minet 選手も所属しています。

SoA CS:GO

  • Denmark vigg0
  • Denmark fuzion
  • Denmark OJ
  • Denmark Oliver “minet” Minet
  • Denmark spdr

SoAとなったチームは、『POWER League Season 12』に出場予定です。

ちなみに、先日は『Mortal Teamwork』(mTw)が活動再開を発表。さらに、『CS:GO』は、本日に同時接続数が90万人を超え過去最高を記録しました。

今後もCS:GOシーンを有望とみて、これまで活躍していたチームの復活が続くでしょうか。

情報元

ゲーム紹介