eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『CS:GO』アップデート(2020-02-11)、暴言プレーヤーに対する警告・対処の仕組みを導入

『Counter-Strike: Global Offensive』がアップデートしています。

Release Notes for 2/11/2020

COMMUNICATIONS

  • 他のプレーヤーよりも著しく多くの暴言レポートをされているプレーヤーは、警告を受け取るようになり、改善がなく報告を受け続けている場合は、デフォルトでミュートされる。他のプレーヤーはスコアボードから通常と同じくミュートを解除できる。
  • ミュートしているプレーヤーは(コミュニケーションだけでなく)名前とアバターも表示しないようにした
  • ひどいコミュニケーションを行なうプレーヤーをレポートした後に自動でミュートするようにした

MISC

  • (Danger Zoneの)Ballistic Shieldが全ての近接攻撃を防ぐようにした(ナイフ、斧、パンチなど)
  • 新しいMAC-10 UVにマッチするようMAC-10 | Classic Crateのテクスチャと通常アップデートを実施

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/