『CS:GO』アップデート(2020-02-25)、マッチメイキングで「Trust Factor」をより重視、チーターの通報方法を強化

『Counter-Strike: Global Offensive』がアップデートしています。

Release Notes for 2/25/20

UI

  • 買い物メニューにおけるマウスのスタート位置をコントロールする設定を追加した
  • 買い物メニューで数字キーを無視する設定を追加した
  • 買い物メニューにおけるMac-10のモデルプレビューの不具合が再発していたのを修正した
  • ユーザーインターフェイスにけるエージェーントのシーンのモデル読み込み量を最適化した

DANGER ZONE

  • Paradropクレートは、ライフルに代えて多額のマネーボーナスを得られるチャンスを含むようにした
  • 武器ではない一部のアイテムを拾う際にビジュアルエフェクトを導入した

ANTI-CHEAT

  • 「Watch」タブにデモが表示される場合、最近プレーした試合からプレーヤーの通報を行なうことが出来るようにした
  • 「Trust Factor」の比重を増すようマッチメイキングを調整した。高い評価の「Trust Factor」ユーザーが試合でチートの使用と思われる経験をした場合、タイトルを「Cheating in High Trust Matches.」とし、Steam Communityのプロフィールリンク、大体の試合時間や、プレーしていたゲームモードを含めて「CSGOTeamFeedback@valvesoftware.com」宛に報告してください。
  • Overwatchユーザーがspinbot案件に当たることを少なくしていく

MISC

  • Desert EagleワールドモデルのテクスチャUVレイアウトが買い物メニューとゲーム内で一致するようアップデートした
  • Intel 7740xなどの特定CPUで、パノラマイベントのバックログが大きくなる件のSpeculative fixを行なった

関連記事

『CS:GO』に新たなチーター対策導入、マッチメイキングの参加基準にSteamおよびCS:GOアカウントの信用度を採用

情報元

ゲーム紹介