世界最大のCS:GO情報プラットフォーム『HLTV.org』運営会社をスポーツベッティング「Better Collective」が約41億円で買収、過去には閉鎖危機も

スポーツベッティング「Better Collective」が、世界最大のCS:GO情報プラットフォーム『HLTV.org』を展開するHLTV.org ApSを買収したと発表しました

スポーツベッティング「Better Collective」が『HLTV.org』運営会社を約41億円で買収

スポーツの試合でどちらが勝つかにお金をかけるスポーツベッティングのサービスを展開する「Better Collective」は、HLTV.org ApS社を3,450万ユーロ(約41億円、約1ユーロ=約119.14円)で買収しました。この買収には、CS:GOの情報プラットフォーム『HLTV.org』と情報サイト『Dust2.dk』の資産が含まれます。

『HLTV.org』は、2002年に設立された「Counter-Strike」シリーズの情報サイトです。現在は『Counter-Strike: Global Offensive』をメインに扱い、最新ニュース、大会スケジュール、選手・チーム・試合・トーナメントのデータ、動画、フォーラムなど多岐に渡るサービスを展開し、月間訪問ユーザーは約2,650万人規模と他のサイトとは比較にならないレベルの情報、データ、CS:GOファンからのアクセスを保有しているのが強みです。

HLTV.orgの各種試合情報からは、eスポーツのベッティングサイトへリンクが張られているほか、ユーザーが好きなプロ選手達を組み合わせて自分だけの仮想チームを作り、実際の試合で活躍した選手の成績に応じて得られるスコアで順位を競い合う「ファンタシーゲーム」の機能も提供しています。これらの要素はスポーツベッティングの会社にとっても魅力的な要素であると考えられます。

また、『Dust2.dk』は2016年に設立された情報サイトで、ニュース、インタビュー、試合のライブスコア、CS:GOのデンマークチームTop10ランキングなどのコンテンツを展開し、月間訪問ユーザーは約25万人規模とのこと。運営会社はDust2.dk Apsで、こちらはHLTV.org ApS社の関連会社ということになります。

Martin Rosenbæk (HLTV.org Aps, CEO)

Better Collectiveグループに加わり、世界中のeスポーツ愛好家に愛されるCS:GOブランドであり続けるという野望を支援していただきます。
esportsは急速に成長・発展している業界です。Better Collective経営陣との建設的な議論を通じて、HLTV.orgのプラットフォームが持つ可能性を最大限とするための適切パートナーであることがわかりました。

Better Collectiveグループはスポーツベッティングにおける15年以上のキャリアがあり、スポーツコミュニティとプレーヤーの体験を高めるテクノロジーの活用方法について深い理解があります。HLTV.orgがCS:GOコミュニティで蓄積してきた経験と組み合わせることで、HLTV.orgはさらに強力なブランドとなり、CS:GOファンのグローバルネットワークとHLTV.orgのビジネスに利益をもたらします。

Jesper Søgaard氏のコメント (Better Collective, CEO)

長い期間、esportsについて注意深く分析・観察してきました。esportsは急速に成長している業界で、スポーツにフォーカスしたビジネスの理想的な延長線上にあると考えています。

eスポーツベッティングは、従来のスポーツベッティングとは大きく異なるため、参入するにはノウハウと業界知識を備えた適切なパートナーを見つけることが不可欠でした。
今回の買収により、世界最高のesportsブランドを運営する人材を獲得できたと確信しています。

現在提携しているベッティング運営の多くがeスポーツベッティングを提供しており、強力な相乗効果を期待できます。Better Collectiveが新しい仲間と共に、eスポーツの未来を豊かにしていくことを楽しみにしています。

過去には閉鎖の危機も

『HLTV.org』のサイト名は、Counter-Strikeの観戦システム「HLTV(Half-Life TV)」が由来となっています。いまからでは想像できませんが、2005年には資金難による閉鎖の危機がありました。2006年には新たなスポンサーが見つかりサイト継続が決定。

そしていまでは41億円で買収されるほどのサイトになりましたが、この時の支援や継続して運営を続ける胆力があってこその現在といえます。

HLTV.orgが資金難で閉鎖の可能性

HLTV.orgがサイト運営を継続

情報元

ゲーム紹介