eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Riot Games新作FPS『Project A』の正式名称は『VALORANT』、2020年夏に登場予定、日本語サイト・Twitterも開設

『Project A』の名称でアナウンスされたRiot Games新作FPSの正式名称が『VALORANT』(ヴァロラント)となり、基本無料方式にて2020年夏に登場することが公式に発表となりました。

Riot Games新作FPS『VALORANT』2020年夏に登場予定

『VALORANT』は5vs5形式、各キャラクターが独自の能力を持ち、爆弾の設置と解除を目的とする攻撃と防衛側に別れて最大24ラウンド制で戦うタクティカルFPSです。

発表と合わせて、日本語対応の公式サイト、Twitterアカウントが公開。

さらに、YouTubeではアルファ版の社内テストプレーの動画がアップされました。

ボイスチャットの項目に「Volcano」の文字があったので調べてみたところ、元プロゲーマー(Team3D、Team Dynamic)、CS:GOの競技マップとして使用されている『Cache』のレベルデザイナーとして知られる Volcano氏その人で、現在はRiot Gamesにて『VALORANT』のシニアゲームデザイナーを務めていることがわかりました。

動画では様々な武器や買い物メニューなど、気になる要素を確認出来ます。

Anna Donlon氏のコメント(VALORANT エグゼクティブプロデューサー)

『VALORANT』の開発全体を通して意識していたのは、タクティカルシューターのコアと言える部分…つまり正確な射撃、銃撃戦、戦術的な立ち回りといった要素をしっかりと維持しようということでした。これらの重要な要素に、キャラクター固有の能力という新たな要素を加えることで、タクティカルシューターというジャンルの可能性を広げることができるだろうと考えたました。『VALORANT』をきっかけに、世界中のタクティカルFPSプレイヤーの皆さんとライアットゲームズの関係が始まることを、そしてその関係が長きに渡って続くことを願っています。

『VALORANT』ではゲームプレイの安定性と競技性を担保することがなによりも重要と考え、「全世界のプレイヤーが無料で利用できるチックレート128Hzの専用ゲームサーバー」、「正確な当たり判定のためにカスタムチューンされたネットコード」、「権威サーバーをベースにしたゲームアーキテクチャ」など、ゲームをサポートするために史上最高クラスのバックエンドを用意しました。また、独自開発のチート対策をサービスインと同時に導入する予定で、総力を挙げてストレスを感じさせないゲームプレイの実現を目指します。勝敗を分ける要因はプレイヤー自身のスキルと戦略のみ。『VALORANT』はそれをしっかりと実感できるゲームです。

ファミ通.comには詳細なプレーレポート、ゲーム情報、インタビュー掲載

発表と合わせて、ファミ通.comにて、公式情報を超える内容の渾身レポート記事が公開されました。

ゲームに登場する「エージェント」とそのスキル情報や、開発チームには、さきほどのVolcano氏に加えて、様々なFPSタイトルのプロや開発者などが名を連ねていることなども記載されており、現時点でもっとも詳細な情報を含む記事で必読です。

個人的に期待する「5vs5 FPS」人口の増加と才能発掘

個人的にPodcastを始めたのですが、その第一回で『Project A』に関する期待の話をしました。

お時間がある時にでも聞いていただけたらと思います。

早速、日本最強の『CS:GO』チーム Japan Absoluteが活動タイトルを変更することを発表しています。

関連記事

日本No.1 CS:GOチーム『Absolute』、Riot Gamesの新作FPS『VALORANT』への転向を発表

Riot Gamesの新作FPS『Project A』をCounter-StrikeシリーズのレジェンドNEOとpashaが体験「本当に良いゲームが登場します」

ピストル投げフェイクで有名なswag選手が競技CS:GOから引退、『Project A』で世界一を目指す

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/