eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『CS:GO』アップデート(2020-04-01)、SG553弱体化、M4A1-S値下げ等を含む武器のバランス調整を実施

『Counter-Strike: Global Offensive』がアップデートしています。

今回は、競技シーンでも強烈な存在感を放っていたSG553が弱体化されるなど、武器に調整が入っています。

Release Notes for 4/10/2020

WEAPONS

  • SG553 – 連射速度と命中率を下げ、他のライフルと性能が近くなるよう調整した
  • AUG – スコープを使用せず立った状態で撃つ時の命中率を向上させ、スコープを使っている時の命中率をわずかに下げた。
  • M4A1-S – 価格を$2900に値下げした
  • Deagle – ジャンプ中の命中率をアップさせ、着地後の命中率回復時間を短くした
  • Tec-9 – 射撃の不正確さを減らした
  • Bizon – アーマー貫通力を増した

MISC

  • メモリ消費を抑えるためにテクスチャを圧縮した
  • ウォームアップ中にBotが喋らないようにした
  • 「Guardian」を「Looking to Play」タブから削除した
  • 起動オプション「-noubershader」を追加。非常に古いIntel製ハードウェアを使用している場合、このオプションを設定する事でフレームレートを改善出来る。メジャーなGPUにおいてはカクツキを発生させるため使用を推奨しない。

MAPS

  • Anubis:
    • 「Scrimmage」から「Competitive」モードに移動
    • 水面の反射問題を修正した
    • 報告を受けた全てのクリッピング、意図していないブースティングスポットを修正した
    • パフォーマンスを改善した
  • Inferno:
    • Aサイトバルコニーに対するドアの壁を撃ち抜けるようにした
    • HDR設定を調整した
  • Office: ※プロのフィードバックを元に調整
    • 中庭のゴミ箱に雪が積もっている状態にした
    • 自動販売機に商品を再入荷した
    • オフィスは禁煙になった
    • キッチンの休憩室を片付けた
  • Overpass:
    • マップ中のゴミ箱に新しいcollisionモデルを持たせた
    • サイトの水辺におけるpixel boost #151を修正した
    • マップのライトを修正した
    • ボムサイトAの背景をリワークした
  • Chlorine:
    • 環境ライトをより明るい色合いに変更した
    • デフォルトのCTプレーヤーモデルをFBIに変更した
    • より良い視認性のためにBサイトにベニヤ板を追加した
    • スモークの中にいるプレーヤーが見えてしまわないよう水たまりを削除した
    • きしむ音がするドアのareaportalを修正した
    • 黄色いtarp上にグレネードクリップを追加した
    • glowy eyesの不足素材を追加
    • クレイジーリバー近くのクリッピング問題を修正した
    • C4がスタックしてしまういくつかの
  • Mirage:
    • いくつかのクリッピング問題を修正した
    • Bサイトのトラック下から反対側が見えないようブロックした

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/