eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『League of Legends』公式プロリーグ、ゲームマップ内アリーナバナー広告を2020年夏シーズンより導入

Riot Gamesが、『League of Legends』公式リーグにマップ内アリーナバナー広告を2020年夏シーズンより導入すると発表しました。

サモナーズリフトにアリーナバナーを導入

示設可能
この仕組みが導入されると、公式大会で使用されているマップ「Summoner’s Rift」(サモナーズリフト)の外観をカスタマイズすることが可能となります。

今回の発表では、『League of Legends』グローバルeスポーツ・イベントのグローバル決済サービス・パートナーである「Mastercard」のロゴが入ったアリーナバナーがサンプルイメージとして公開されていました。

アリーナバナーについて

  • 伝統スポーツのようなエネルギーをもつ競技環境を構築し、より良い観戦体験を提供するために設計した機能
  • プロ選手が試合を行っている時の画面には反映されない
  • 視聴者に提供される映像に対して表示される
  • 各リーグが独自に導入実験を行ない、パートナーの獲得、ファンとの交流を目指す

アリーナバナーはデジタルプロダクトの第一弾であり、今後も様々なサービスをリリースしていくとしていました。

Dota 2の事例

『Dota 2』ではすでに同様の仕組みが導入されており、バナーのデザインを自由に行ない各チームが表示可能で、誰でも利用出来るものとなっています。

バナーはマップ内の主要オブジェクト付近に設置され、プロチームはチームロゴに加えてスポンサーのロゴも合わせて掲出するなどして、このバナーを活用しています。

プロの試合より

自分がプレーしている時

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/